コマンドリファレンス — 設定属性

フライアウトビューアの設定属性ドキュメント

設定コマンドはURL内に設定できます。 または、setParam()setParams()、または両方のAPIメソッドを使用できます。 サーバー側の設定レコードに任意の設定属性を指定することもできます。

一部の設定コマンドの先頭に、対応するビューアSDKコンポーネントのクラス名またはインスタンス名のプレフィックスが付けられます。 コンポーネントのインスタンス名は動的で、setContainerId() APIメソッドに渡されるビューアコンテナのDOM要素のIDに依存します。 ドキュメントには、このようなコマンド用のオプションのプレフィックスが含まれています。 例えば、zoomfactorコマンドは次のように記載されています。

[FlyoutZoomView.|<containerId>_flyout].zoomfactor

このコマンドは次のように使用します。

  • zoomfactor (短い構文)
  • FlyoutZoomView.zoomfactor (コンポーネントのクラス名で修飾)
  • cont_flyout.zoomfactor (コンテナ要素のIDと仮定して、コンポーネントID cont で修飾)

すべてのビューアに共通のコマンドリファレンス — 設定属性も参照してください。

このページ