FlyoutZoomView.zoomfactor

[FlyoutZoomView.|<containerId>_flyout.]zoomfactor= * *[,[ * *][, *primaryFactorsecondaryFactorupscale*]]

primaryFactor

メイン画像を基準にした、フライアウト表示の表示の倍率を指定します。 1.0以上の整数または浮動小数点値です。

secondaryFactor

オプションでセカンダリ要因を指定できます。これにアクセスするには、ハイライトがアクティブなときにメイン表示をクリックまたはタップします。 もう一度タップすると、プライマリズーム率に戻ります。 値 -1はセカンダリズーム率を無効にします。

upscale

コンポーネントでの小さい画像の処理方法を指定します。

1に設定した場合、メイン表示がメイン画像内に収まるようにメイン画像が拡大されます。 また、ズーム画像が拡大され、設定したフライアウトウィンドウ領域全体に表示されます。

0に設定した場合、小さい画像は元の解像度で表示され、メイン表示領域とフライアウトウィンドウ内の中央に表示されます。 メイン表示とフライアウトウィンドウのそれぞれで、 s7flyoutzoomviewおよび s7flyoutzoom CSSクラスのbackgroundまたは同様のCSSプロパティを使用して、画像の周囲に余白を設定できます。

プロパティ

(オプション)

初期設定

3,-1,1

zoomfactor=2,3,0

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now