FlyoutZoomView.highlightmode

[FlyoutZoomView.|<containerId>_flyout.]highlightmode=highlight|cursor[, *showtime*[,onimage|free]]

highlight|cursor

使用するナビゲーションフレームの種類を指定します。 カーソルに設定した場合、コンポーネントは固定サイズの参照カーソルを使用します。 デスクトップシステムとタッチデバイスには、異なるカーソルアートを持つことができます。これは、 .s7cursor CSSクラスと input=mouse|touch 属性セレクターを使用して制御します。 デスクトップシステムでは、アンカーポイントはカーソル領域の中央に設定され、タッチデバイスでは、アンカーはカーソルの下中央に配置されます。 highlight に設定すると、コンポーネントは可変サイズのナビゲーションフレームを使用します。フレームのサイズと形状は、ズーム率とフライアウト表示のサイズに応じて異なります。

showtime

ユーザーがアクティブにした後に、ハイライトまたはカーソルのフェードインにかかる時間(秒)を設定します。 フェードインはタッチデバイスにのみ適用されます。デスクトップシステムでは、コンポーネントでは無視されます。

フェードインが次のUI要素に適用されます。ハイライトフレーム、固定カーソル、オーバーレイ( overlay パラメーターが 1 に設定されている場合) フライアウト表示のアニメーションは、ハイライト/カーソルのフェードインアニメーションが完了した後にのみ開始します。 フェードアウトアニメーションはありません。 ユーザがフライアウトを無効にすると、対応するUI要素(カーソル、ハイライト、オーバーレイ)は即座に非表示になります。

onimage|free

ナビゲーションフレームの位置を制御します。

image のに設定した場合、ナビゲーションフレームはメイン表示内の実際の画像領域内にのみ配置できます。

free に設定すると、ユーザは、論理的なメイン表示領域内の任意の場所(画像コンテンツの外部も含む)にナビゲーションフレームを移動できます。

プロパティ

(オプション)

初期設定

highlight,0.1,onimage

highlightmode=cursor,1,free

このページ