支援技術のサポート

すべてのビューアコンポーネントは、ARIA(アクセシブルなリッチインターネットアプリケーション)の役割と属性をサポートし、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーとの統合を強化します。

最上位レベルのビューア要素には、デフォルトでビューア名に設定されている役割regionaria-label属性があります。 ラベルはContainer.LABELローカリゼーション記号で制御できます。

ボタンには、役割buttonと、aria-label属性で設定された説明テキストが含まれます。 aria-label属性の値は、ボタンのローカライゼーション記号の値から設定されます。 ボタンが無効になると、それに応じてaria-disabled属性が設定されます。

メインビューには役割applicationがあります。 メインビューの簡単な説明は、 aria-roledescriptionに、対応するメインビューコンポーネントのROLE_DESCRIPTIONローカライゼーション記号で定義された値と共に提供されます。 キーボードユーザーのナビゲーションヒントは、aria-describedbyを使用して提供されます。使用ヒントのテキストは、USAGE_HINTローカライゼーション記号から取得されます。 アセットのUserDataフィールドにラベルが定義されている場合、aria-label属性にはそのラベルの値が設定されます。

スウォッチを表示するコンポーネントの役割listboxは、aria-label属性がそのコンポーネントのLABELローカライゼーションシンボルの値に設定されています。 個々のスウォッチには、セット内のスウォッチの位置を表すoption属性とaria-setsize属性が割り当てられています。 aria-posinsetスウォッチを選択すると、aria-selected属性がtrueに設定されます。

このページ