InfoPanelPopup.template

[InfoPanelPopup.|<containerId>_infoPanelPopup.]template= *テンプレート*

テンプレート

情報サーバから返されたデータの結合先となるコンテンツテンプレート。

コンテンツテンプレートは、次のDTDに続くXMLです。

<!DOCTYPE info [ <!ELEMENT info (var #PCDATA) <!ELEMENT var (#PCDATA)> <!ATTLIST var  name CDATA #REQUIRED rollover CDATA #IMPLIED > ]>

コンテンツテンプレートの実際の構文は次のとおりです。

<info> <var name='VAR_NAME' rollover='ROLLOVER_KEY'><!CDATA[ VAR_VALUE ]]> <![CDATA[ TEMPLATE_CONTENT ]]> </info>

つまり、テンプレートは、 <info>要素と開始する必要があります。この要素には、オプションのデフォルトの <var>要素を含めることができます。 テンプレートのコンテンツ自体 TEMPLATE_CONTENTはHTMLテキストです。 また、コンテンツテンプレートには、 $で囲まれた変数名を含めることができます。これらの変数名は、情報サーバが返す変数値またはデフォルトの変数値に置き換えられます。

テンプレートで定義される初期設定の変数は、グローバル変数(rollover属性が設定されていない場合)または特定のロールオーバーキーに固有の変数(rollover属性が存在する場合)にすることができます。

テンプレートの処理時に、ロールオーバーキーに固有の変数は、グローバル変数よりも優先されます。

メモ

情報パネルポップアップを設定する場合、情報パネルに渡されるHTMLコードとJavaScriptコードは、クライアントのコンピューター上で実行されます。 したがって、このようなHTMLコードとJavaScriptコードが安全であることを確認してください。

プロパティ

(オプション)

初期設定

なし

情報サーバの応答が製品名を変数$1$として返し、製品の画像URLを変数$2$として返すとします。

template=<info><![CDATA[Product description:$1$<br>Product image:<img src="$2$">]]></info>

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now