InfoPanelPopup.template

[InfoPanelPopup.|<containerId>_infoPanelPopup.]template= *テンプレート*

テンプレート

情報サーバから返されたデータの結合先となるコンテンツテンプレート。

コンテンツテンプレートは、次のDTDに従うXMLです。

<!DOCTYPE info [ <!ELEMENT info (var #PCDATA) <!ELEMENT var (#PCDATA)> <!ATTLIST var  name CDATA #REQUIRED rollover CDATA #IMPLIED > ]>

コンテンツテンプレートの実際の構文は次のとおりです。

<info> <var name='VAR_NAME' rollover='ROLLOVER_KEY'><!CDATA[ VAR_VALUE ]]> <![CDATA[ TEMPLATE_CONTENT ]]> </info>

つまり、テンプレートは <info>要素で始まる必要があります。この要素には、オプションのデフォルトの <var>要素を含めることができます。 テンプレートコンテンツ自体の TEMPLATE_CONTENTはHTMLテキストです。 さらに、コンテンツテンプレートには、変数名を $で囲んで含めることができます。この値は、情報サーバが返す変数値、またはデフォルトの変数値に置き換えられます。

テンプレートで定義されるデフォルトの変数は、グローバル変数(rollover属性が設定されていない場合)か、特定のロールオーバーキーに固有の変数(rollover属性が存在する場合)のいずれかです。

テンプレートの処理時に、ロールオーバーキーに固有の変数がグローバル変数より優先されます。

メモ

情報パネルポップアップを設定すると、情報パネルに渡されるHTMLコードとJavaScriptコードがクライアントのコンピューター上で実行されることに注意してください。 したがって、このようなHTMLコードとJavaScriptコードは必ず安全にしてください。

プロパティ

(オプション)

初期設定

なし

情報サーバの応答が製品名を変数$1$として返し、製品画像のURLを変数$2$として返すとします。

template=<info><![CDATA[Product description:$1$<br>Product image:<img src="$2$">]]></info>

このページ