方向

direction=auto|left|right

auto|left|right

メイン表示とサムネールでのページの表示方法を指定します。 また、ユーザがビューアのユーザインターフェイスを操作してカタログフレーム間を変更する方法も指定します。

left を使用すると、最初のページの右揃えと、最後のページの左揃えが設定されます。 左から右へのレンダリング順序で、個々のページのサブ画像をステッチします。 また、右から左のスライド表示を使用してカタログを進めるようにメインアニメーションを設定します( PageView.frametransition がslideに設定されている場合)。 最後に、左から右の塗りつぶし順にサムネールが設定されます。

同様に、 right を使用すると、最初のページの左揃えと最後のページの右揃えが設定されます。 右から左にレンダリングする順序で、個々のページのサブ画像をステッチします。 また、左から右のスライド表示を使用してカタログを進めるようにメインアニメーションを設定します( PageView.frametransition がslideに設定されている場合)。 最後に、サムネールの順序を逆にして、サムネール表示を右から左、上から下の方向に塗りつぶします。

auto が設定されている場合、ロケールが ja;に設定されているとき、ビューアは right モードを適用します。それ以外の場合は、モードを使用します。

プロパティ

(オプション)

初期設定

auto

direction=right

このページ