Adobe Analytics追跡のサポート

eCatalog ビューアでは、Adobe Analyticsの追跡機能がサポートされていて、この機能をすぐに使用できます。

標準の追跡

eCatalog ビューアは、 Adobe Analytics 追跡機能が標準で用意されています。 追跡を有効にするには、適切な会社プリセット名を config2 パラメーター。

また、ビューアのタイプとバージョン情報と共に、設定済みの Image Server に 1 つの追跡 HTTP 要求が送信されます。

カスタムトラッキング

をサードパーティの分析システムと統合するには、 trackEvent viewer コールバックとプロセス eventInfo 必要に応じて、コールバック関数の引数です。 次のコードは、このようなハンドラー関数の例です。

var eCatalogViewer = new s7viewers.eCatalogViewer({ 
 "containerId":"s7viewer", 
"params":{ 
 "asset":"Viewers/Pluralist", 
 "serverurl":"https://s7d1.scene7.com/is/image/" 
}, 
"handlers":{ 
 "trackEvent":function(objID, compClass, instName, timeStamp, eventInfo) { 
  //identify event type 
  var eventType = eventInfo.split(",")[0]; 
  switch (eventType) { 
   case "LOAD": 
    //custom event processing code 
    break; 
   //additional cases for other events 
} 
} 
} 
});

ビューアは、次の SDK ユーザーイベントを追跡します。

SDK ユーザーイベント

次の場合に送信…

LOAD

ビューアが最初に読み込まれます。

SWAP

ビューア内でアセットが入れ替えられたとき、 setAsset() API

ZOOM

画像がズームされます。

PAN

画像がパンされました。

SWATCH

スウォッチをクリックまたはタップすると画像が変更されます。

PAGE

現在のフレームは、メインビューで変更されます。

ITEM

情報パネルのポップアップがアクティブになります。

HREF

ユーザーが画像マップをクリックしたので、別のページに移動した。

このページ