Adobe Analyticsトラッキングのサポート

eCatalogビューアでは、Adobe Analyticsの追跡機能がサポートされていて、この機能をすぐに使用できます。

すぐに使える追跡

eCatalogビューアでは、Adobe Analyticsの追跡機能がサポートされていて、この機能をすぐに使用できます。 追跡を有効にするには、適切な会社プリセット名をconfig2パラメーターとして渡します。

また、ビューアは、設定済みのImage Serverに、ビューアのタイプとバージョン情報と共に、1つの追跡HTTP要求を送信します。

カスタムトラッキング

サードパーティの分析システムと統合するには、trackEventビューアコールバックをリッスンし、必要に応じてコールバック関数のeventInfo引数を処理する必要があります。 次のコードは、このようなハンドラー関数の例です。

var eCatalogViewer = new s7viewers.eCatalogViewer({ 
 "containerId":"s7viewer", 
"params":{ 
 "asset":"Viewers/Pluralist", 
 "serverurl":"http://s7d1.scene7.com/is/image/" 
}, 
"handlers":{ 
 "trackEvent":function(objID, compClass, instName, timeStamp, eventInfo) { 
  //identify event type 
  var eventType = eventInfo.split(",")[0]; 
  switch (eventType) { 
   case "LOAD": 
    //custom event processing code 
    break; 
   //additional cases for other events 
} 
} 
} 
});

ビューアは、以下のSDKユーザーイベントを追跡します。

SDKのユーザーイベント

送信日時

LOAD

ビューアが最初に読み込まれたとき。

SWAP

setAsset() APIを使用して、ビューア内でアセットが入れ替わったとき。

ZOOM

画像がズームされたとき。

PAN

画像がパンされた。

SWATCH

スウォッチをクリックまたはタップして画像が変更された。

PAGE

現在のフレームがメイン表示で変更される。

ITEM

情報パネルポップアップがアクティブになっている。

HREF

ユーザが画像マップをクリックして別のページに移動したとき。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now