支援テクノロジーのサポート

すべてのビューアコンポーネントは、ARIA(アクセシブルなリッチインターネットアプリケーション)の役割と属性をサポートしており、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーとの統合を強化しています。

トップレベルのビューア要素には役割があります region および aria-label 属性は、デフォルトでビューアの名前に設定されます。 ラベルは Container.LABEL ローカリゼーションシンボル。

ボタンには役割があります button と、 aria-label 属性。 の値 aria-label 属性は、ボタンのローカライゼーション記号の値を使用して設定されます。 ボタンが無効な場合、 aria-disabled 属性が適切に設定されます。

メインビューには役割があります application. メインビューの簡単な説明は、 aria-roledescriptionの値を、 ROLE_DESCRIPTION 対応するメインビューコンポーネントのローカライゼーションシンボル。 キーボードユーザーのナビゲーションヒントは、 aria-describedbyの場合、使用のヒントのテキストは USAGE_HINT ローカリゼーションシンボル。 アセットに UserData フィールドで定義されたラベルがある場合、 aria-label 属性は、そのようなラベルの値で設定されます。

ホットスポット、領域、画像マップは、役割を持ちます button と説明テキストセット aria-label 属性の値を指定します。 ユーザーがホットスポットまたは画像マップにフォーカスを置くと、キーボードユーザーのナビゲーションヒントが、 aria-describedby( 使用のヒントのテキストを USAGE_HINT ローカリゼーションシンボル。

サムネールには役割があります dialogaria-label 属性 ThumbnailGridView.LABEL ローカリゼーションシンボル。 個々のサムネールには役割があります button. サムネールを選択した場合は、 aria-selected 属性を true.

スウォッチを表示するコンポーネントには、役割があります listboxaria-label 属性を LABEL そのコンポーネントのローカライゼーションシンボル。 個々のスウォッチには役割があります optionaria-setsize および aria-posinset 属性は、セット内のスウォッチの位置を表します。 スウォッチが選択されている場合、 aria-selected 属性を true.

ドロップダウンリストは、追加の aria-haspopup 属性を true そして aria-controls 実際のドロップダウンパネル要素を参照する属性。 ドロップダウンパネル自体には、の役割があります menu 役割を持つサブ要素を持つ menuitem. 各メニュー項目には、 aria-label 属性が指定されました。

モーダルダイアログボックスには役割があります dialog. このダイアログボックスのヘッダー要素は、 aria-labelledby 属性。

このページ