画像マップのサポート

eCatalogビューアでは、メイン表示の上にある画像マップアイコンのレンダリングがサポートされています。

マップアイコンの外観は、画像マップ効果で説明されているように、CSSを通じて制御されます。

画像マップは、次の3つの操作のいずれかを実行します。外部Webページ、情報パネルのポップアップアクティベーション、内部ハイパーリンクにリダイレクトします。

外部Webページにリダイレクト

画像マップのhref属性には、外部リソースへのURLが含まれます。このURLは、明示的に指定するか、サポートされているJavaScriptテンプレート関数の1つに含めます。loadProduct()loadProductCW()、およびloadProductPW()

以下は、単純なURLリダイレクトの例です。

href=http://www.adobe.com

この例では、同じURLがloadProduct()関数で囲まれます。

href=javascript:loadProduct("http://www.adobe.com");void(0);

画像マップのHREF属性にJavaScriptコードを追加すると、そのコードはクライアントのコンピューター上で実行されます。 したがって、JavaScriptコードが安全であることを確認してください。

情報パネルポップアップアクティベーション

情報パネルを操作するために、画像マップにはROLLOVER_KEY属性が設定されています。 また、href属性を同時に設定します。そうしないと、外部URL処理が情報パネルポップアップアクティベーションに干渉します。

最後に、ビューア設定にInfoPanelPopup.templateパラメーターとInfoPanelPopup.infoServerUrlパラメーターの適切な値が含まれていることを確認します。

メモ

情報パネルポップアップを設定する場合、情報パネルに渡されるHTMLコードとJavaScriptコードは、クライアントのコンピューター上で実行されます。 したがって、このようなHTMLコードとJavaScriptコードが安全であることを確認してください。

内部ハイパーリンク

画像マップをクリックすると、ビューア内で内部ページの入れ替えが実行されます。 この機能を使用するために、画像マップのhref属性は次の特殊な形式を持ちます。

href=target: *idx*

*idx*は、カタログ見開きの0を基準とするインデックスです。

eCatalog内の3D見開きを指す画像マップのhref属性の例を次に示します。

href=target:2

このページ