最後のページボタン

このボタンをクリックまたはタップすると、カタログの最後のページに移動します。 このボタンは、デスクトップシステムおよびタブレットのメインコントロールバーに表示されます。携帯電話では、セカンダリコントロールバーに追加されます。 CSSを使用して、このボタンのサイズ設定、スキン表示、位置設定を行うことができます。

メインビューア領域のCSSプロパティ

ボタンの外観は、以下のCSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panleftbutton

CSSプロパティ

説明

トップ

メインコントロールバー(デスクトップシステムおよびタブレットの場合)またはセカンダリコントロールバー(携帯電話の場合)の上の境界線からの位置(パディングを含む)。

メインコントロールバー(デスクトップシステムおよびタブレットの場合)またはセカンダリコントロールバー(携帯電話の場合)の右の境界線からの位置(パディングを含む)。

メインコントロールバー(デスクトップシステムおよびタブレットの場合)またはセカンダリコントロールバー(携帯電話の場合)の左の境界線からの位置(パディングを含む)。

メインコントロールバー(デスクトップシステムおよびタブレットの場合)またはセカンダリコントロールバー(携帯電話の場合)の下の境界線からの位置(パディングを含む)。

width

ボタンの幅。

height

ボタンの高さ。

background-image

ボタンの特定の状態に対して表示される画像。

background-position

CSSスプライトを使用する場合の、アートワークスプライト内の位置。

CSSスプライトも参照してください。

メモ

このボタンでは、 state属性セレクターがサポートされます。このセレクターは、ボタンの状態ごとに異なるスキンを適用するのに使用できます。

ボタンのツールチップはローカライズできます。 詳しくは、 ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーションを参照してください。

例 — 28 x 28ピクセルで、メインコントロールバーの下から4ピクセルおよび左端から220ピクセルの位置に配置し、ボタンの4つの状態ごとに異なる画像を表示する最後のページボタンを設定します。

.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panrightbutton { 
bottom:4px; 
right:220px; 
width:32px; 
height:32px; 
} 
.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panrightbutton [state='up'] { 
background-image:url(images/v2/LastPageButton_dark_up.png); 
} 
.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panrightbutton [state='over'] {  
background-image:url(images/v2/LastPageButton_dark_over.png); 
} 
.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panrightbutton [state='down'] {  
background-image:url(images/v2/LastPageButton_dark_down.png); 
} 
.s7ecatalogsearchviewer .s7lastpagebutton .s7panrightbutton [state='disabled'] { 
background-image:url(images/v2/LastPageButton_dark_disabled.png); 
}

このページ