getComponent

基本ズームビューアのJavaScript APIリファレンス

getComponent(componentId)

ビューアで使用されるビューアSDKコンポーネントへの参照を返します。 Webページでは、この方法を使用して、標準提供ビューアの動作を拡張またはカスタマイズできます。 このメソッドは、initCompleteビューアのコールバックを実行した後にのみ呼び出します。そうしないと、ビューアのロジックによってコンポーネントがまだ作成されていない可能性があります。

パラメータ

*componentID* - {String} ビューアで使用されるビューアSDKコンポーネントのID。このビューアは、次のコンポーネントIDをサポートしています。

コンポーネントID

ビューアSDKコンポーネントのクラス名

parameterManager

s7sdk.ParameterManager

コンテナ

s7sdk.common.Container

mediaSet

s7sdk.set.MediaSet

zoomView

s7sdk.image.ZoomView

zoomInButton

s7sdk.common.ZoomInButton

zoomOutButton

s7sdk.common.ZoomOutButton

zoomResetButton

s7sdk.common.ZoomResetButton

fullScreenButton

s7sdk.common.FullScreenButton

closeButton

s7sdk.common.CloseButton

SDK APIを操作する場合は、ビューアSDKの名前空間で説明されているように、正しい完全修飾SDK名前空間を使用することが重要です

特定のコンポーネントについて詳しくは、ビューアSDK APIのドキュメントを参照してください。

戻り値

{Object} ビューアSDKコンポーネントへのリファレンス。componentIdがサポートされているビューアコンポーネントでない場合、またはビューアのロジックによってコンポーネントがまだ作成されていない場合、メソッドはnullを返します。

<instance>.setHandlers({ 
 "initComplete":function() { 
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView"); 
} 
})

このページ