ビューアSDK名前空間

ビューアは、多数のビューアSDKコンポーネントで構築されています。 ほとんどの場合、Webページは、SDKコンポーネントAPIと直接やり取りする必要はありません。一般的なニーズはすべて、ビューアのAPI自体で扱われています。

ただし、高度な使用例によっては、WebページがgetComponent()ビューアAPIを使用して内部SDKコンポーネントへの参照を取得し、SDK自体のAPIを柔軟に使用する必要があります。

ビューアでSDKコンポーネントの読み込みと初期化に使用される名前空間は、ビューアが動作している環境によって異なります。 ビューアがAEM(Adobe Experience Manager)で実行されている場合、ビューアはSDKコンポーネントをs7viewers.s7sdk名前空間に読み込みます。 また、Dynamic Mediaクラシックから提供されるビューアは、SDKをs7classic.s7sdkに読み込みます。

どちらの場合も、ビューア内のSDKが使用する名前空間のプレフィックスはs7viewersまたはs7classicです。 また、SDKユーザーガイドまたはSDK APIドキュメントで使用されている通常のs7sdk名前空間とは異なります。

そのため、内部ビューアコンポーネントと通信するカスタムアプリケーションコードを作成する場合は、完全修飾されたSDK名前空間を使用することが重要です。

例えば、StatusEvent.NOTF_VIEW_READYイベントをリッスンする予定で、ビューアがAEMによって提供される場合、完全修飾イベントタイプはs7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READYで、イベントリスナーコードは次のようになります。

<instance>.setHandlers({ 
 "initComplete":function() { 
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView"); 
   zoomView.addEventListener(s7viewers.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) { 
   console.log("view ready"); 
  }, false); 
} 
}); 
The same code for viewer served from Dynamic Media Classic will look like this: 
<instance>.setHandlers({ 
 "initComplete":function() { 
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView"); 
   zoomView.addEventListener(s7classic.s7sdk.event.StatusEvent.NOTF_VIEW_READY, function(e) { 
   console.log("view ready"); 
  }, false); 
} 
}); 

このページ