ビネットコンバータ

ビネットコンバーター(vntc)は、画像レンダリングを使用したデプロイメント用に画像オーサリングで作成されたコンテンツを準備するために使用されるコマンドラインユーティリティです。

vntc は、\ImageServing\binにあ install_root​ります。次の機能があります。

  • 1次ビネットを単一解像度、複数解像度、またはピラミッド実稼動ビネットに変換します(ビネットのスケーリングを参照)。

  • 実稼働用キャビネットと窓カバースタイルファイルを作成します(-resolution-jpegqualityを参照)。

  • ビネット、キャビネット、窓カバーの各スタイルファイルを、古いバージョンの画像レンダリングで使用するために、異なるファイルバージョンを生成できます。

  • ビネットからビネット画像を抽出し、最大解像度またはサムネール(-thumbwidth-imageを参照)

  • ソースファイルから関連するプロパティを抽出し(-infoを参照)、stdoutまたはオプションのログファイル(-logを参照)に送信します。

vntcの使用は任意ですが、最高のサーバーパフォーマンスを得るために強くお勧めします。 vntc また、広範なエラーチェックを実装し、慎重に使用した場合に、クラッシュを含む重大なサーバーの問題を防ぐことができます。

実稼動用ビネットを生成する際、生成される出力用ビネットファイルの名前に、出力用ビネットのピクセル幅(ピラミッドまたは多解像度ビネットの場合は0)が追加されます。 キャビネットスタイルファイルを処理する場合、出力解像度が出力ファイル名に追加されます。 オプションのサムネール、画像、ログファイル、および実稼動ビネットまたはキャビネットスタイルのファイルを含むすべての出力ファイルは、 sourceFile​が配置されているディレクトリに配置されます( -destPathが指定されていない場合)。

vntc は、デフォルトで最大3 GBのメモリに制限されます。Vntcがこの制限に達すると、処理が停止し、エラーが発生します。 この制限は-maxmemを使用して変更できます。

メモ

画像オーサリングのビネット更新ツールは、画像レンダリング用にビネットを準備する場合にも使用できます。 同様に、コンテンツオーサリングツールでは、画像レンダリングで使用するキャビネットスタイルファイルを生成できます。 処理を自動化する場合はvntcを使用します。 画像オーサリングのツールには、グラフィカルユーザーインターフェイスが含まれているので、通常はインタラクティブに使用しやすくなります。

関連項目

画像オーサリングドキュメント

このページ