検証

画像検証ユーティリティ。 このコマンドラインユーティリティは、画像ファイルが有効であること、および画像サービングで簡単に読み取れることを確認するために画像ファイルを検証します。

PTIFF以外のすべての画像ファイルは、ファイルをソース画像として画像サービングで使用できるようにする前にvalidateを渡す必要があります。 PTIFF画像は、信頼性の低いコピー操作の後で検証する必要があります。

使用方法

validate * * [ * *] [ *fileTypeoptionssourceFile* [ … ]]

fileType

-jpeg | -ptif | -any

ソースファイルの種類;少なくとも1つを指定する必要があります( —anyを指定すると、ICでサポートされるのと同じ画像ファイルタイプを使用できます)。

options

その他のコマンドオプション(以下を参照)。

sourceFile

画像ファイル なし(またはそれ以上)。スペースで区切ります。

を返す

成功した場合は0。 エラーが発生した場合は、ゼロ以外の値が返され、エラーの詳細がstderrに送信されます。

オプション

-fileList listFile

画像ファイルのリストを含む別のテキストファイルを指定します。 1ファイルにつき1レコード。 -fileList を含める場合、 sourceFile を指定しないでください。

-readPixels

画像ファイル全体の検証を有効にします。 デフォルトでは、イメージヘッダーのみが検証されます。

-validatecolorprofile

埋め込まれたカラープロファイルの有効性を検証します。 デフォルトでは、プロファイルの本文はチェックされません。

-reject16BitPerComponent

16ビット/画像コンポーネントの画像を拒否します。 リモートソースイメージを検証するときに、Image Serverによって常に指定されます。

-verbose

画像が無効な場合に、より多くの情報を印刷します。

-silent

stdout / stderr 出力を無効にします。 ステータスのみが返されます。

-stopOnError

ファイルの検証エラーが発生した場合に、まだ検証されていないファイルがあっても処理を終了します。 デフォルトでは、検証エラーが発生しても処理は続行されます

-バージョン

このユーティリティのバージョン情報を返します。 他のオプションは使用しないで指定します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free