文書規則

最終更新日: 2021-07-13
  • 作成対象:
  • Developer
    User

このドキュメントでは、次の規則を使用します。

literal

構文セクションでは、非斜体はリテラルです。これは、空白と記号[ ] { }には適用されません。 | *.

'literal'

説明セクションでは、一重引用符で囲まれた非斜体のテキストはリテラルです。

パラメータ

斜体の部分には実際の値で置き換えられる変数またはパラメーターが表示されます。

command=

末尾に「=」を持つ名前は、画像サービングのHTTPプロトコルコマンドを表します。

attribute::Item

属性のプレフィックスが付いた名前:は、画像カタログ属性を指します。

catalog::Item

カタログのプレフィックスが付いた名前:は、画像カタログデータフィールドを指します。

icc::Item

iccというプレフィックスが付いた名前:は、ICCカラープロファイルマップのフィールドを指します。

font::Item

フォントの前に次の名前が付いています。は、フォントマップ内のフィールドを指します。

マクロ:項目

マクロの前に次の名前が付きます。は、マクロ定義テーブルのフィールドを参照します。

ruleset::Item

先頭に ruleset::が付いた名前は、URL前処理ルールセット内の要素を指します。

default::Item

というプレフィックスが付いた名前:は、デフォルトの画像カタログの属性を指します。

[オプ ション ]

オプションの構文要素は角括弧で囲みます。

*[オ プショ ン]

オプションの構文要素は、1回または複数回繰り返すことができます。

item1 | item2

縦棒は、左側に単一の構文項目を指定するか、右側に項目を指定するかを示します。 項目を1つだけ選択する必要があります。

{ group }

構文要素をグループ化するには波括弧を使用します。

*{ group }

グループ内の構文要素は、1回または複数回繰り返すことができます。

空白

空白(スペースまたはタブ)は、HTTP要求では使用できません。 このドキュメントでは、構文要素間に空白を使用して明確にする場合のみがあります。

このページ