IS 4.7.4 以降からの更新

最終更新日: 2022-02-22
  • 作成対象:
  • Developer
    User

Linux®でDynamic Media Image Serving をアップグレードする場合は、次の手順を実行します。

古いバージョンの画像サービングからアップグレードする場合は、サポートに問い合わせて、正しい処理をおこなってください。

この webapps アップグレード時にフォルダーを削除できます。 をバックアップしてください webapps フォルダをアップグレードする前に

  1. root 権限でサーバーホストにログインします。

  2. 画像サービング配布 tar ファイルを解凍し、解凍します。

  3. 内 setup フォルダー、実行 ./install-is をクリックして、インストールウィザードを起動します。

    更新インストーラーは、インストールされたパッケージの整合性とバージョンを確認します。 成功した場合は、エンドユーザー使用許諾契約 (「EULA」) が表示されます。

  4. 使用許諾契約を読んで、と入力します。 y をクリックして、インストールを続行します。

    古いサーバ構成ファイルを BACKUP/ フォルダー。

    インストールが完了すると、次のメッセージが表示されます。

    Image Server was started successfully

更新時に、 ImageServing/conf/server.xml ファイルが最新の設定に更新されました。 値を変更または追加した場合は、既存の server.xml アップグレード後に変更を再実装します。

アップデートのインストール後に、サーバーをライブにする前に HTTP 応答キャッシュをウォームアップすることを検討してください。 詳しくは、 playlog ユーティリティを参照してください。

このページ