ルール

リクエストルール要素。 <ruleset>要素では、1つ以上のルールがオプションです。

属性

OnMatch = "break" | "continue" | "error": オプション. 初期設定は「break」です。

Replace = "first" | "all": オプション. 初期設定は「first」です。

RequestType = "types":オプション。ルールを適用する入力コンテキストを指定します。 types はコンマ区切りのリストで、次の表に示す1つ以上のトークンを含めることができます。RequestTypeを指定しない場合、ルールはサポートされているすべてのコンテキストで受信された要求に適用されます。

トークン

コンテキスト

説明

is

/is/image/

画像サービング要求に適用

ir

/ir/render/

画像レンダリングリクエストに適用

静的

/is/content/

静的コンテンツリクエストに適用

Name = "text": オプション. デバッグログとエラーメッセージの<rule>要素を識別するために使用します。

*属性* ="value":オプション。<rule> 要素は、任意の組み合わせで次の属性を定義できます。指定した場合、ルールが正しく一致すると、このリクエストに対応するカタログ属性が上書きされます。 初期設定は RequestType="is".

属性

対応する画像カタログ属性

DefaultImageMode

attribute::DefaultImageMode

ErrorImage

attribute::ErrorImage

有効期限

attribute::Expiration

MaxPix

attribute::MaxPix

RequestLock

attribute::RequestLock

RequestObfuscation

attribute::RequestObfuscation

RootUrl

attribute::RootUrl

SavePath

attribute::SavePath

WaterMark

attribute::WaterMark

詳しくは、対応する画像カタログ属性の説明を参照してください。

有効期限属性は、デフォルトの属性値のみを上書きします。 特定のcatalog::Expiration値が要求に適用される場合、上書きは無視されます。

データ

<expression>

オプション

<substitution>

オプション

<addressfilter>

オプション

<ヘッダ>

オプション

説明

<expression><substitution>の両方が指定され、取り込まれたサブ文字列が使用されない場合、一致した最初のサブ文字列が<substitution>に置き換えられます。

<expression>を指定しない場合、パスは一致し、パスの末尾に<substitution>が追加されます。

<substitution>を指定しない場合、パスやクエリの変換は行われませんが、指定したカタログ属性は上書きされます。 <substitution>が空の場合、一致する部分文字列が削除されます。

<addressfilter>は、一致が発生した場合と、クエリルールが適用される前にのみ適用されます。

このページ