画像サービングコンポーネント

Scene 7画像サービングは、次のコンポーネントで構成されています。

コンポーネント

説明

サーバスーパーバイザ

他のコンポーネントの起動、停止、および正常性の確保を行うスタンドアロン実行可能ファイル。

Apache Tomcat

ほとんどのJavaベースのコンポーネントの環境を提供します。

監視/警告サービス

J2EEアプリケーション。 サーバの監視と電子メールによるアラート機能を提供します。

プラットフォームサーバー

J2EEアプリケーション。 クライアント接続、ログ、他のコンポーネントとの通信を管理します。 /is/imageでHTTPアクセスします。

キャッシュサービス

J2EEアプリケーション。 プラットフォームサーバーのデータキャッシュを管理します。 /is/cacheでのHTTPアクセス。

Image Server

すべてのイメージ処理とイメージファイルのI/O処理を実行します。 32ビットと64ビットの実行可能ファイルはどちらも、Linuxで使用できます(32ビットのWindowsのみ)。

ATE Text Renderコンポーネント

textPs=操作が実行されると、テキストレンダリングサービスの1つ以上のインスタンスがアクティブになる場合があります。

SVGレンダリングコンポーネント

スタンドアロンのJavaアプリケーション(Tomcatではホストされません)。

Dynamic Media画像レンダリング( Render Server)

ライセンス認証を行うには別のライセンスが必要です。 /ir/renderでHTTPアクセスを行います。 すべての画像レンダリング機能は、実行可能コンポーネントが別々になく、プラットフォームサーバとImage Serverに統合されます。

追加の設定は、初期設定のカタログ(default.ini)または特定の画像カタログ(詳しくは、画像カタログを参照)で提供されます。

このページ