TimeStamp

attribute::UseLastModifiedが設定されている場合、catalog::TimeStamp値はHTTP応答内で最終変更HTTPヘッダーとして返されます。 attribute::UseLastModifiedが設定されていない場合でも、静的コンテンツの場合は常に「最終変更日」ヘッダが返されます。

画像とSVGコンテンツの場合は、catalog::TimeStampはカタログベースのキャッシュ検証にも使用されます( [attribute::CacheValidationPolicy](/docs/dynamic-media-developer-resources/image-serving-api/image-serving-api/attributes/r-cachevalidationpolicy.html?lang=ja#reference-e55e52fd749041718a9af69fa2027b57)を参照)。

プロパティ

Java形式の日付/時間値。 値は、午前0時からのミリ秒の整数、1970年1月1日(UTC/GMT)、または日付/時間文字列値で、次のいずれかの形式になります。

mm/ dd/ yyyy hh: mm: ss zzz

mm/ dd/ yyyy hh: mm: ss GMT offset

hh は0 ~ 23の範囲にあります。

zzz は、「GMT」や「PST」などの3文字または4文字のタイムゾーンコードです。タイムゾーンコードでの夏時間のアカウント。 例えば、太平洋標準時の場合は「PST」、太平洋夏時間の場合は「PDT」)。

offset は、GMTを基準とした、時間単位または時 hours:minutes間単位のタイムゾーンオフセットです。例えば、「PDT」は「GMT -7」と同じです。

日付/時間形式の文字列値の要素はすべて存在する必要があります。 日付/時刻値の形式が正しくない場合、この値は無視され、代わりに*カタログ*.iniファイルの変更時刻が使用されます。

初期設定

attribute::TimeStamp フィールドが空の場合、または存在しない場合。

関連項目

attribute::TimeStamp, attribute::UseLastModified, attribute::CacheValidationPolicy

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now