パス

サーバーは、ソースデータの管理で説明されているパス解決規則を使用して、データファイルを検索します。

プロパティ

テキスト文字列。 画像レコードとSVGレコードに対して必須です。テンプレートレコードに対しては空にすることができます。 指定する場合は、有効なImage Serverの相対ファイルパスまたは絶対ファイルパスを指定する必要があります。 ファイルのサフィックスがない場合は、attribute::DefaultExtが追加されます。

サポートされる画像ファイル形式

サポートされているイメージファイル形式の完全なリストについては、Image Converter(IC)ユーティリティの説明を参照してください。

複数の異なる解像度の画像データを必要とするアプリケーションは、Dynamic MediaピラミッドTIFF(PTIFF)マルチ解像度形式を使用する場合に最適です。 ICユーティリティは、サポートされている任意の画像形式からPTIFF画像を作成する場合に使用します。

初期設定

なし

関連項目

ICユーティリティattribute::RootPathattribute::DefaultExtsrc=

このページ