ターゲット

ズームターゲットデータ なしまたはそれ以上のズームターゲットのプロパティ。これは、ズームビューアクライアントと組み合わせて使用できます。

' ??'レコードの終端記号トークンを置き換えた後、サーバーはreq=targetsに応答してこのフィールドの内容を返します。

各ズームターゲットには、最大4つのプロパティを関連付けることができます。

Target. * *.frame= *numframe*

Target. * *.rect= *numleft,top,width,height*

Target. * *.label= *numlabel*

Target. * *.userData= *numuserData*

num

ズームターゲット番号(整数);ズームターゲットには、1から順に順番に番号を付ける必要があります。

frame

スピンセットまたはパンフレットセットの特定のフレーム/ページをターゲットにするためのオプションのフレーム/ページ番号スピンビューアおよびパンフレットビューアの使用に指定しない場合、初期設定は0です。は、ズームビューアでは無視されます。

left, top

画像の左上からズームターゲットの長方形の左上までのピクセルオフセット(整数、整数);は0以上に設定する必要があります。

width, height

ズームターゲットの長方形のピクセルサイズ(整数、整数);は0より大きい値に設定する必要があります。

label

テキストデータ値;は、ズームターゲットリンクのテキストラベルとして使用できます。

userData

テキストデータ値;は、SKU値やホットリンクURLなどのターゲット固有の情報をクライアントに渡すために使用します。

Target. num.rectは、各ズームターゲットに必要で、画像内に完全に長方形を指定する必要があります。その他のプロパティはすべてオプションです。

label テキスト文字列ローカライゼーション userData に参加します。詳しくは、『HTTPプロトコルリファレンス』のテキスト文字列ローカライゼーションを参照してください。

スピンビューアおよびパンフレットビューアのクライアントが関与するアプリケーションの場合、ズームターゲットは、画像セットを定義しているのと同じカタログレコードで定義する必要があります。 画像セットのメンバのカタログレコードに含まれるズームターゲット定義は、ビューアでは無視されます。

Scene7の閲覧者は、catalog::Modifierのコマンドで調整済みの最大解像度の画像の座標にズームターゲットが必要になります。

プロパティ

プロパティ データ値。

初期設定

なし

関連項目

catalog::ImageSet , catalog::Modifier, req=, Text Stringローカライゼーション

このページ