画像セット

画像セットデータ Scene7ビューアで使用される画像の並べ替え済みセットと制御属性を定義するメカニズムを提供します。

画像セットは、項目のカンマ区切りの並べ替えリストで構成され、各項目は1つ以上のサブ項目(画像ID、スウォッチID、メディアファイルのパス、ラベルなど)で構成され、セミコロンやコロンで区切られます。

中括弧{ }と括弧( )を使用して、特定の内容(色値など)を区切ったり、ネストされたセットを示したりできます。 この方法で使用する中括弧または丸括弧は、エンコードしないで、常に一致するペアとして表示する必要があります。それ以外の場合は、カタログ解析エラーが発生します。

メモ

次の文字はセット区切り文字として使用され、セット内でidまたは文字列値の一部として使用される場合はHTTPエンコードが必要です。

  • ,
  • ;
  • :
  • {
  • }
  • (
  • )

画像セットの構造と使用について詳しくは、画像サービングビューアのドキュメントを参照してください。

req=imagesetリクエストに対して、サーバは変更を加えることなく、このフィールドの内容を返します。

標準セット

次のセット定義は画像サービングでネイティブにサポートされており、特定のビューアでのアクセスには、サーバ側での解析、検証、セットの処理が含まれます。 各セットタイプは、対応する値をcatalog::AssetTypeで指定することで識別できます。

基本的なスウォッチセット

基本的なスウォッチセットの各項目は、画像レコードへの参照と、スウォッチとして使用される画像レコードへのオプションの個別の参照で構成されます。

*basicSwatchSet* *swatchItemswatchItem**[',' * *]
*swatchItem* * *[';' *imageIdswatch*]
*swatch* *swatchId*|solidColorSpecifier
*imageId* IS画像参照(カタログ/ID)
*swatchId* IS画像参照(カタログ/ID)
*solidColorSpecifier* '{0x' * * [ *rrggbblabel*]'}'
*rrggbb* べた塗りスウォッチ用の6桁のパック16進数RGBカラー値
*label* べた塗りスウォッチのオプションのテキストラベル

階層的スウォッチセット

階層的スウォッチセット内の各項目は、基本的なスウォッチ項目またはスウォッチセットレコードへの参照で構成できます(その項目にはスウォッチが必要です)。

*hierarchicalSwatchSet* * * *[ ',' *hierarchicalSwatchItemhierarchicalSwatchItem* ]
*hierarchicalSwatchItem* *swatchItembasicSwatchSetIdswatch* | { * * ';' * * }
*basicSwatchSetId* 基本的なスウォッチセットを定義するカタログレコードへのIS参照(カタログ/ID)

基本スピンセット

基本的なスピンセットは、リストIDの単純な画像で構成されます。

basicSpinSet imageId *[ ';' imageId ]

2Dスピンセット

2Dスピンセットの各項目は、単純な画像、基本スピンセットへの参照または中括弧で区切られたインライン基本スピンセットで構成できます。 中括弧の代わりに丸括弧を使用できます。

*2dSpinItem* *2dSpinSet* *2dSpinItem* *[ ',' *2dSpinItem* ]
*2dSpinItem* * * | { '{' * * '}' } | *imageIdbasicSpinSetbasicSpinSetId*
*basicSpinSetId* 基本スピンセットを定義するカタログレコードへのIS参照(カタログ/ID)

ページセット

ページセット内の各項目は、コロンで区切った最大3つのページ画像で構成できます。

*pageSet* * * *[ , *pageItempageItem* ]
*pageItem* * * [ : * * [ : *imageIdimageIdimageIdimageId* ] ]

メディアセット

メディアセット内の各項目は、画像、基本スウォッチセット、階層スウォッチセット、基本スピンセット、2次元スピンセット、ページセットまたはビデオアセットで構成できます。 各メディアセット項目には、オプションでスウォッチとタイプ識別子を含めることもできます。

*mediaSet* * * *[ , *itemitem* ]
*品目* { * * | * * | * *}} | * * } [ ; [ * * ] [ ; [ *videoItemrecutItemimageItemsetItemIDreserved* ] ] ]
*videoItem* * * ; *videoswatchId*
*recutItem* * * ; *recutswatchId*
*imageItem* * * ; [ *imageIdswatchId* ]
*setItem* { *setIdinlineSetswatchId* | { '{' * * '}' } } ; * *
*ID* media type identifier [ img | basic | advanced_image | img | img_set | advanced_imageset | advanced_swatchset | spin | video ]
*swatchId* IS画像ID
*video* ビデオ/アニメーションのファイルパスまたは静的カタログID
*再編集* 再編集定義XMLファイルパスまたは静的カタログID
*imageId* IS画像ID
*setId* 画像、スピン、eCatalogセットへのIS参照
*inlineSet* インライン画像、スピン、eCatalogセット
*予約* 将来的に使用するために予約

ビデオセット

ビデオセットは、ビデオIDの単純なリストで構成され、各IDは静的コンテンツカタログのエントリを参照します。

videoSet videoId *[ , videoId ]

プロパティ

テキスト文字列。 catalog::Id値のコンマ区切りリスト、Image Serverの絶対ファイルパス、またはattribute::RootPathを基準とするファイルパス。 セット内で同じ画像を複数回参照できます。 定義するカタログレコードは、セット内の任意の場所に表示できます。

このフィールドは、テキスト文字列ローカライゼーションに関与します。 ローカライゼーショントークンが少なくとも1つ含まれる場合、label​文字列(solidColorSpecifier​の一部)に加えて、すべての区切りフィールドがローカライズされます。 ^loc=…^詳しくは、『HTTPプロトコルリファレンス』のテキスト文字列ローカライゼーションを参照してください。

初期設定

なし

関連トピック

req=imageset , attribute::RootPath, Object Id Translation , Text Stringローカライゼーション ,画像サービングビューアドキュメント

このページ