有効期限

クライアントおよびプロキシサーバーのキャッシュを管理するために使用します。 サーバは、送信日時にこの値を加算して、HTTP応答データの有効期限日時を計算します。

ブラウザーは、ファイルの有効期限を使用してキャッシュを管理します。 サーバーに要求を渡す前に、ブラウザーはキャッシュをチェックして、ファイルが既にダウンロード済みかどうかを確認します。 その場合、まだファイルの有効期限が切れていない場合、ブラウザーは、条件付きGETリクエスト(例えば、リクエストヘッダーにIf-Modified-Sinceフィールドが設定されている場合)を、通常のGETリクエストではなく送信します。 サーバは、「304」ステータスで応答し、画像を送信しないオプションを持つ。 次に、ブラウザーはキャッシュからファイルを読み込みます。 これにより、頻繁にアクセスされるデータの全体的なパフォーマンスが大幅に向上します。

有効期限は、次の応答タイプに使用されます。

  • req=img
  • req=mask
  • req=tmb
  • req=userdata
  • req=map

特定の種類の応答(エラー応答など)は常に即時有効期限(またはキャッシュ不可のタグ付け)としてマークされ、その他(プロパティやデフォルトの画像応答など)は特殊な有効期限設定(attribute::NonImgExpirationattribute::DefaultExpiration)を使用します。

プロパティ

実数、-2、-1または0以上。 応答画像が生成されてから有効期限切れになるまでの時間数。 0に設定すると、常に応答イメージが即時に期限切れになります。これにより、クライアントのキャッシュが効果的に無効になります。 never expire​とマークするには、-1に設定します。 この場合、サーバーは、条件付きGET要求に対して常に304ステータス(変更されていない)を返します。ファイルが実際に変更されたかどうかは確認されません。 attribute::Expirationが提供するデフォルト値を使用するには、-2に設定します。

初期設定

attribute::Expiration は、フィールドが存在しない場合、値が —2の場合、またはフィールドが空の場合に使用されます。

関連項目

attribute::Expiration, attribute::DefaultExpiration, attribute::NonImgExpiration, req=

このページ