DigimarcInfo

Digimarc画像情報。 Digimarc埋め込みを有効にし、透かしの種類と関連する画像固有のデータを指定します。

プロパティ

コンマ区切りの4つの整数値。

* *, * *, *typeflagsval1*, *val2*

* * typeは、Digimarc埋め込みを有効にし、透かしの種類を指定します。

type

透かしのタイプ

0

なし

1

基本.

2

画像 ID.

3

トランザクションID。

4

著作権年

* * は、3つの値を持つビットフィールドを指します。ビット0はコピー保護されたコンテンツを示し、ビット1は制限されたコンテンツを示し、ビット2は成人向けコンテンツを示します。

flags

説明

0

-

3

コピー保護。

2

制限付き

3

コピー保護、制限。

4

成熟したコンテンツ。

5

保護された成人向けのコンテンツをコピーします。

6

制限付き、成人向けコンテンツ。

7

コピー保護、制限、成熟したコンテンツ

*val1**val2*の解釈は、*type*に依存します。

type

val1

val2

0

未使用。

未使用。

3

未使用。

未使用。

2

画像 ID.

未使用。

3

トランザクションID。

未使用。

4

初版著作権年。

第2著作権年。

初期設定

フィールドが存在しない場合、または空の場合は、attribute::DigimarcInfoから継承されます。

「0,0,0,0」を指定すると、この画像のDigimarc透かしが無効になります。

「1,5,0,0」は、成人向けの基本透かしとコピー保護されたコンテンツフラグセットを指定します。

「2,0,4567,0」は、画像IDを持つ透かしを指定します。

「3,2,56483,0」は、トランザクションIDと制限コンテンツフラグが設定された透かしを指定します。

「4,0,1998,2001」は著作権年を示す透かしを指定します。

関連項目

attribute::DigimarcInfo , attribute::DigimarcId

このページ