カタログデータファイル

カタログデータファイルには、任意の名前とファイルのサフィックスを付けることができます(.iniを除く)。 Microsoft ExcelやAccessなど、タブ区切りのテキストデータファイルをサポートするアプリケーションを使用して、簡単に管理できます。

基本的に、カタログデータファイルは2次元のテーブルで、データ列を識別するヘッダーレコードと、任意の数のデータレコード(行)で構成されます。 ヘッダーとデータレコードの両方のフィールドは、1つの<TAB>文字で区切られます。 レコードは、1つの<CR> (ASCIIコード0xD)、1つの<LF> (ASCIIコード0xA)、または<CR><LF>のペアで区切られます。

ヘッダーレコードには、各データフィールドの名前を正確に含める必要があります。 ヘッダー行では、空のフィールドは使用できません。 データフィールド名では、大文字と小文字は区別されません。 すべてのフィールド名は一意である必要があります。

スペース文字はフィールドの区切り文字として使用できません。 ヘッダーレコードにはスペースを含めることはできません。 データレコードでは、データフィールドの先頭または末尾にあるスペースは、そのデータフィールドの一部と見なされます。

データレコードでは、2つの<TAB>文字の隣に空のフィールドがあることを示します。 空のフィールドは、カタログ属性またはサーバーのデフォルト値からデフォルト値を継承する場合があります。

オプションで、重複の引用符で囲むことができます。 データ値のタイプがテキストで、重複の引用符で囲まれている場合を除き、<CR><LF><TAB>のいずれかを含めることはできません。 データフィールドはHTTPエンコードできません。

特に記載がない限り、同じフィールド内の複数のデータ値はコンマで区切られます。

名前が「。」で開始された列 は無視されます。 これにより、画像カタログへのデータの保存が可能になり、画像サービングには興味がなくなります。 ヘッダー名が不明な列は無視され、警告がログファイルに書き込まれます。

フィールド名は、ASCII文字と数字の任意の組み合わせで構成でき、「 — 」と「_」も使用できます。

1つ以上の列をインデックスキーとして使用できます。 同じデータファイル内で同じキーが複数回発生した場合は、後のインスタンスが使用されます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now