初期設定のカタログ

初期設定のカタログでは、すべての画像カタログのすべてのカタログ属性の初期設定値が提供されます。

特定の属性が特定の画像カタログに見つからない場合、サーバは、初期設定のカタログの対応する値を使用します。 同様に、初期設定のカタログを使用して、特定のカタログデータレコード(画像、マクロ定義、フォント、ICCプロファイル)の初期設定を指定できます。 特定のデータレコードが特定の画像カタログ内に見つからない場合、サーバは、そのデータレコードを初期設定のカタログ内で見つけようとします。 これにより、画像カタログの入力が少なくなり、共有テンプレート、マクロ、フォントなどのグローバル属性とデータの管理が簡単になります。

また、特定の画像カタログが操作に関与しない場合、初期設定のカタログは、すべての属性とデータレコード(マクロ、フォント、ICCプロファイル、要求の前処理ルール)を提供します。

プラットフォームサーバーが正しく機能するためには、デフォルトのカタログのカタログ属性ファイルをdefault.iniという名前、常にカタログフォルダーに存在し、attribute::RootIdを除く必要なすべての属性と各種のカタログデータファイルへの参照を完全に設定する必要があります。

メモ

default.iniを除くすべてのカタログ属性ファイルには、一意のattribute::RootId値が含まれている必要があります。 attribute::RootId の値は空にする default.ini 必要があります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now