基本文字の書式設定

基本的な文字形式設定を行うには、次のコマンドを使用します。

コマンド 説明 説明
\プレーン

文字書式をデフォルトにリセット

textPs= のみ。

\f N

フォント

\fonttbl インデックス

\fs N

フォントサイズ

ハーフポイント初期設定は24です。

\cf N

フォントカラー.

0を基準とするカラーテーブルのインデックス

\b

太字スタイル

\i

斜体スタイル。

\sub

下付き文字.

フォントサイズを小さくします。

\super

上付き文字.

フォントサイズを小さくします。

\ul

下線

画像サービングでは、次のRTF下線コマンドも認識されます。

  • \uld
  • \uldash
  • \uldashd
  • \uldashd
  • \uldb
  • \ulth
  • \ulw
  • \ulwave

これらは、現時点では標準の \ul 下線として実装されています。 その他のRTF下線コマンドはすべて無視されます。

\ulnone

下線をオフにする

\ul0

下線をオフにする

\キャップス

大文字

textPs= のみ。

\scaps

小文字(「スモールキャップス」)

textPs= のみ。

このページ