高度なテキスト書式設定

次のコマンドを使用して、高度なテキスト書式を設定します。

コマンド 説明 説明
\dn N

フォントサイズのない下付き文字を変更。

半分ポイントでの位置初期設定は6です。

\up N

フォントサイズを変更しない上付き文字

半分ポイントでの位置初期設定は6です。

\kerning N

指定したフォントサイズでの無効化/有効化

カーニングを適用するフォントサイズ(半分ポイント単位)0の場合、カーニングを無効にします。初期設定は、1/2ポイントを超えるすべてのフォントサイズにカーニングを適用する場合は1です。

\kerningoptical

オプティカルカーニングを選択します。

textPs=の み。

\kerningmetric

指標のカーニングを選択します。

初期設定.

\expnd N

文字間隔を変更する。

正または負の四半期ポイント初期設定は0です。

\expndtw N

文字間隔を変更する。

正または負のtwip。

\charscalex N

水平方向の文字の拡大/縮小

正または負の割合初期設定は100です。

\charscaley N

縦方向の文字の拡大/縮小

正または負の割合デフォルトは100です。Dynamic Media拡張機能。

\charscaleyは、 text=を適用した場合 に、行間を拡大/縮小しま す。 textPs=で は、縦方向の文字の拡大/縮小の量に関係なく、常に行間が保持されます。

\ltch

左から右の文字フローを選択します。

初期設定.

\rtlch

右から左の文字フローを選択します。

text=の み。

\copyfit N

コピーフィッティングを有効にし、許容される最大フォントサイズを設定します。

フォントサイズ(半分ポイント) textPs= のみ;Dynamic Media拡張機能。

\copyfitlines N

コピーフィット線の最大値(ソフトリミット)

0(ライン制限なし) textPs= のみ;Dynamic Media拡張機能。

\copyfitmaxlines N

最大コピーフィット線(切り捨て)

textPs= のみ;Dynamic Media拡張機能。

\baselinedir N

文字の向き。

textPs= のみ;ローマ以外のフォントでは無視されます。\stextflow1が有 効でな い場合は無視されます。

0垂直(デフォルト)

1時計回りに90度回転

このページ