テキストレイヤー

textPs=は、この節で説明する様々な使用モデルをサポートしています。

メモ

この節はtext=には適用されません。

一般的なルールと定義を次に示します。

  • テキストレイヤーのサイズを変更すると、 size=コマンドを含まないレイヤーや、 size=0,0を指定したレイヤーが表示されます。

  • テキストレイヤーの自己サイズ調整のレイヤーサイズは、実際にレンダリングされたテキストによって決まります。

  • 一般的に、自己サイズ調整テキストレイヤーのデフォルトのレイヤーアンカーは、レイヤーの中央に​ない​です(以下を参照)。

  • テキストレイヤーのセルフサイズに対してanchor=またはorigin=を指定した場合、テキストレイヤーの位置はテキストコンテンツの影響を受けます。

  • size=を指定すると、文字グリフの一部がレイヤーの長方形の外側にレンダリングされる場合があります。

  • pos= は、どの場合でもテキストレイヤーの位置を変更するために使用できます。

ポイントテキスト(自己サイズ調整)

size=textPath=またはtextFlowPath=を指定せずにtextPs=が指定されている場合に、Photoshopスタイルのポイントテキストがシミュレートされます。 レイヤーサイズは、レンダリングされたテキストの幅で水平方向に、行間隔で垂直方向に決定されます。 テキストは自動的に折り返されません。

anchor=origin=も指定しない場合、テキストの最初の行はレイヤーの原点のすぐ上に配置されます。\qlとマークされた段落は、レイヤーの原点の右側に配置され、\qrを含む段落は原点の左側にレンダリングされ、\qcを含む段落は原点の周りを水平方向に中央揃えにします。 anchor=またはorigin=が指定されている場合は、標準のレイヤー配置規則が適用されます。

color=を指定した場合は、実際にレンダリングされたテキストの境界ボックスが塗りつぶされます。

次のRTFコマンドは無視されます。\qj\marg*\hyph*\vertal*

長方形のテキストボックス

textPs=に加えてsize=を指定した場合(textPath=textFlowPath=を除く)、テキストは指定した長方形に制限されます。 レイヤーは通常どおりに配置されます。 テキストボックスの端に近い文字グリフは、テキストボックスの一部の外側にレンダリングされる場合があります。

color= で定義された領域を埋めま size=す。

すべてのRTFコマンドが期待どおりに適用されます。

「可変高さ」テキストボックス

size=の高さを0に指定すると、テキストボックスの縦方向のサイズを変更して、すべてのコンテンツを収めることができます。 レイヤーの幅はsize=の幅で定義され、レイヤーの高さは実際にレンダリングされたテキストの高さで定義されます。 レイヤーは通常どおりに配置されます。 テキストボックスの左端と右端近くにある文字グリフは、テキストボックスの外側に部分的にレンダリングされる場合があります。

color= は、で指定された幅と、実際にレンダリングされ size= るテキストの高さで定義された長方形を塗りつぶします。

次のRTFコマンドは無視されます。

\vertal*

パス内のテキストのサイズ変更

textFlowPath= と組み合わせ textPs= て、テキストをフローする1つ以上の領域を定義できます。textFlowXPath= は、1つ以上の領域にテキストが流れ込むのを除外するようにオプションで指定できます。size=を指定しない場合、結果のテキストレイヤーのサイズが自動的に調整され、実際にレンダリングされたテキストの境界ボックスによってレイヤーサイズが決まります。

origin=anchor=も指定しない場合、レイヤーアンカーはパスの定義に使用されるピクセル座標空間のデフォルト値(0,0)に設定され、レンダリングされたテキストに関係なく絶対位置を指定します。 anchor=またはorigin=を指定した場合、レイヤは、実際にレンダリングされたコンテンツの境界ボックスに対して相対的に配置(適応)されます。

color= は、実際にレンダリングされたテキストの境界ボックスを塗りつぶします。

次のRTFコマンドは無視されます。

\marg*

パス内の事前サイズのテキスト

size=textFlowPath=と共に指定すると、レイヤーサイズが事前に決定されます。 パスの定義に使用するピクセル座標空間の(0,0)は、レイヤーの長方形の左上隅に配置されます。

textFlowPath=領域は、レイヤーの長方形の外側に配置されていてもかまいません。 テキストがレイヤーの長方形の外側にレンダリングされる場合でも、テキストは常にすべてのパス領域にフローされ、レンダリングされます。 extend=0,0,0,0を使用して、レンダリングされたテキストをレイヤーの長方形に切り抜くことができます。

レイヤーの配置の目的で、レイヤーの長方形は、実際にレンダリングされるテキストの数に関係なく、指定されたsize=に基づきます(一部がレイヤーの長方形の外側に配置されている場合も含む)。 標準のレイヤー配置が適用されます。

color= で定義された長方形の領域を塗りつぶしま size=す。

textFlowPath=では、次のRTFコマンドは無視されます。

\marg*

パス上のテキストのサイズ変更

textPath= は、で指定したテキストをレンダリングする1つ以上のパ textPs= スを定義します。size=を指定しない場合、結果のテキストレイヤーのサイズは自己調整されます。 レイヤサイズは、実際にレンダリングされたテキストの境界ボックスによって決まります。

origin=anchor=も指定しない場合、レイヤーアンカーは、パスの定義に使用されるピクセル座標空間の(0,0)にデフォルト設定されます。レンダリングされるテキストの位置は、レンダリングされるテキストの量に関係なく固定されます。 anchor=またはorigin=を指定した場合、レイヤは、実際にレンダリングされたコンテンツの境界ボックスに対して相対的に配置(適応)されます。

color= は、実際にレンダリングされたテキストの境界ボックスを塗りつぶします。

次のRTFコマンドは無視されます。

  • \marg*
  • \hyph*
  • \vertal*

最初の\parまたは\lineより後のテキストは無視されます。

パス上の事前サイズのテキスト

size=textPath=と共に指定すると、レイヤーサイズが事前に決定されます。 パスの定義に使用するピクセル座標空間の(0,0)は、レイヤーの長方形の左上隅に配置されます。

パスは、一部または全部がレイヤーの長方形の外側に配置される場合があります。 テキストは、レイヤーの長方形の外側にあっても、常にパス全体に沿って適用およびレンダリングされます。 extend=0,0,0,0 を使用して、レンダリングされたテキストをレイヤーの長方形に切り抜くことができます。

レイヤーの配置の目的で、レイヤーの長方形は指定されたsize=に基づきます。テキストの一部がレイヤーの長方形の外側にレンダリングされた場合でも同様です。 標準のレイヤー配置が適用されます。

color= によって定義された領域を塗りつぶしま size=す。

次のRTFコマンドは無視されます。

  • \marg*
  • \q*
  • \marg*
  • \hyph*
  • \vertal*

最初の\parまたは\lineより後のテキストは無視されます。

このページ