色処理

RTF仕様では、\colortblで指定されたRGBカラー値が許可されています。 各コンポーネントには、\red\green\blueの各コマンドが別々に用意されています。

独自のRTF拡張子コマンド\cmykcolortblを使用すると、CMYK色を指定できます。各カラーコンポーネントには、\cyan\magenta\yellow\blackの各コマンドが付属します。

\colortblの色成分値は0 ~ 255の範囲です。 \cmykcolortblのコンポーネント値は0 ~ 100の範囲です。

textPs=でサポートされるRTF拡張子コマンド\*\iscolortblを使用すると、標準の画像サービングカラー値を持つカラーテーブルを、フルRGB、グレー、CMYK、アルファをサポートする形式で指定できます。 次の構文を使用します。

{\*\iscolortbl; *[!DNL colors]*;}

colors 1つ以上のISカラー値、「;」で区切る

同じtext=またはtextPs= RTF文字列内に、複数の種類のカラーテーブルを指定できます。 各カラーテーブルのエントリ数は異なる場合があります。 画像サービングでは、次の順序で色を検索します。\iscolortbl\cmykcolortblの前(テキストレイヤーのピクセルタイプがCMYKの場合のみ)に置き、\colortblの前に置きます。 textPs=のみ、必要に応じて色はCMYKとRGBの間で正確に変換されます(RGB色が指定されているがCMYK出力が必要な場合など)。 特定のインデックス値の色が見つからない場合は、初期設定の色(黒)が使用されます。

ISカラー値の構文については、colorを参照してください。

制限

text= はをサポートしません \*\iscolortbltextPs= はをサポートしません \cmykcolortbl

Photofontsのレンダリング時、カラーの選択は無視されます。

変数を使用して3つのテキストカラーを制御でき、標準のRTFテキストエディタでRTF文字列を開いた場合でも、カラーのデフォルト値が表示されます。

…&$c1=ff0000&$c2=00ff00&$c3=0000ff&textPs={{\*\iscolortbl;$c1$;$c2$;$c3$;}{\colortbl;\red255;\green0;\blue0;\red0;\green255;\blue0;\red0;\green0;\blue255;}…}…

このページ