テンプレート

最終更新日: 2023-11-03
  • 作成対象:
  • Developer
    User

テンプレートを使用して、複数の画像レイヤーを合成する要求の長さと複雑さを減らしたり、rtf 形式のテキストを含める要求を減らしたりできます。

カスタム変数を使用して、テンプレートの使用をさらに簡単にすることができます。 多くの場合、テンプレートは、画像やテキストの入れ替えや、実行時のその他のオプションの設定を容易に行えるように設定されています。

テンプレートは、イメージカタログ内のレコードとして保存され、テンプレート本体は catalog::Modifier フィールド、および catalog::Path フィールドが空の場合、または動的に変更できない静的な背景画像を指定する場合。

テンプレートは、 template= コマンド、または要求 URL のパスコンポーネント内で使用できます。 ほとんどのアプリケーションでは、 template= 」コマンドを使用して、テンプレートを指定します。 The template=コマンドは、 catalog::PostModifier フィールドでのみ使用され、 catalog::Modifier ネストされた IS リクエスト ( src=is{...} 構文を参照 )。 テンプレートレコードはで参照できません src= または mask=コマンド。

任意 src= または mask=テンプレートに埋め込まれたコマンドは、要求のメインカタログや別の画像カタログに解決される場合があります。 いいえの場合 rootId が明示的に指定されている場合、メインカタログが想定されます。 で指定されたテンプレート template= は、メインカタログまたは別の画像カタログに配置することもできます。

テンプレートで使用されるすべての変数に対して、常にデフォルトの定義を含めることを強くお勧めします。 これにより、テンプレートの画像出力を、単に指定するだけで、常に表示できます attribute::RootId および catalog::Idを使用すると、テンプレートで使用される変数を知る必要がなくなります。

事前に定義されたパス置換変数 $object$ を使用して、url パスで指定した画像オブジェクトを任意のレイヤーソースまたはマスク ( src= または mask=) で始まります。

このページ