静的(画像以外の)コンテンツの提供

画像サービングは、カタログ内の画像以外のコンテンツを管理し、別のcontext /is/contentを介して提供するメカニズムを提供します。 このメカニズムにより、各項目のTTLを個別に設定できます。

基本構文

リクエスト

http:// server /is/content[/ catalog / item ][? 修飾子 ]

server

server_address [: ポート ]

カタログ

カタログ識別子。

item

静的コンテンツ項目ID。

modifiers

command *[& command ]

command

cmdName = value

cmdName

サポートされているコマンド名の1つ。

value

コマンドの値。

コマンドの概要

画像サービングは、/is/contentで次のコマンドをサポートしています。

type

コンテンツタイプのフィルター。

req

req=userdata req=props および req=existsの み。

キャッシュ

クライアント側のキャッシュを無効にできます。

静的コンテンツカタログ

静的コンテンツカタログは画像カタログに似ていますが、サポートされるデータフィールドは少なくなります。

属性/データ 説明

catalog::Id

この静的コンテンツ項目のカタログレコード識別子

catalog::Path

このコンテンツ項目のファイルパス

catalog::Expiration

このコンテンツ項目のTTL。attribute::指定しなかった場合、または空の場合は有効期限が使用される

catalog::TimeStamp

ファイル変更のタイムスタンプattribute::CacheValidationPolicyでカタログベースの検証が有効な場合に必須

catalog::UserData

この静的コンテンツ項目に関連付けられたオプションのメタデータ;req=userdataを使用してクライアントに提供

catalog::UserType

オプションのデータ型;type=コマンドを使用して静的コンテンツの要求をフィルタリングできます。

静的コンテンツのフィルタリング

このメカニズムは、クライアントがニーズに合ったコンテンツのみを受け取るようにするのに役立ちます。 静的コンテンツに適切なcatalog::UserType値のタグが付けられている場合、クライアントはリクエストにtype=コマンドを追加できます。 画像サービングでは、type=コマンドによって提供された値をcatalog::UserTypeの値と比較し、不一致の場合は、不適切な内容ではなくエラーを返します。

関連項目

type=req=画像カタログの参照

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free