画像カタログ

画像カタログの機能と構文については、この節で説明します。

画像カタログには次の機能があります。

  • 特定のメタデータおよび修飾子コマンドとの画像の永続的な関連付けを許可します。

    画像カタログ内のエントリは、ショートカット表記*rootId/objId*を使用して参照されます。ここで、*rootId*は画像カタログを、*objId*はカタログ内のデータレコードを表します。

  • JPEG画質や透かしを適用するかどうかなど、特定の要求属性のデフォルトを指定します。

  • フォント、ICCプロファイル、マクロ定義、および要求テンプレートの管理

特定の画像カタログが定義されていない場合でも、画像カタログのすべての機能はデフォルトのカタログ( default.ini )を使用して使用できます。

リクエストのURLパス内の*rootId*が特定の画像カタログのattribute::RootIdと一致する場合、そのカタログがこのリクエストのメインカタログになります。 メインカタログには、リクエスト全体のデフォルトの属性と設定が表示されます。 一致が見つからない場合は、代わりにデフォルトのカタログが使用されます。

src=またはmask=コマンドで識別されるカタログは、現在の画層に次のカタログ属性とデータを提供します。

属性/データ 説明

attribute::DefaultExt

現在のレイヤ内のすべてのイメージファイルパスのデフォルトの拡張子

attribute::Expiration

カタログのデフォルト::有効期限、またはカタログレコードが含まれていない場合は現在の画層の有効期限

attribute::Icc*

要求または現在のレイヤーに対する作業用ICCカラープロファイル、レンダリングインテント、ブラックポイント補正フラグ

attribute::RootPath

現在の画層のすべてのソースファイルパスに使用

attribute::Resolution

カタログのデフォルト::Resolutionのみ

catalog::Anchor

現在のレイヤーの anchor=値のデフォルト

catalog::Expiration

すべてのレイヤーの最小の有効期限値が、返信画像の有効期限値として使用されます

catalog::IccProfile

現在の画層のソースイメージカラープロファイル

catalog::Map

現在の画層の画像マップデータ

catalog::MaskPath

現在のレイヤの mask=のデフォルト

catalog::Modifier

現在のレイヤのプレフィックスコマンド(同じレイヤに対して指定されている場合、 catalog::Modifier内の各コマンドは、URL内の同じコマンドで上書きできます)

catalog::Path

現在のレイヤのソースイメージファイル

catalog::PostModifier

現在の画層の接尾記号コマンド( catalog::Modifierと似ていますが、 catalog::PostModifier内のコマンドは、URLまたは catalog::Modifier内で指定された同じコマンドを上書きします)

catalog::Resolution

現在の画層のオブジェクト解像度

同じレイヤー内で、src=mask=は同じ画像カタログ(存在する場合)を参照する必要があります。

icc=コマンドで識別されるカタログは、カタログのICCプロファイルテーブルからエントリを検索する目的でのみ使用されます。 他のカタログ属性やデータは関与しません。

*rootId*がカタログに解決され、*objId*がこのカタログのcatalog::Idと一致する場合、 *rootId/objId*は、次のように、実際にカタログエントリに置き換えられます。

src=attribute::RootPath/catalog::Path& mask=attribute::RootPath/catalog::MaskPath& anchor=catalog::Anchor& catalog::Modifier& catalog::PostModifier

関連項目

画像カタログ参照src=mask=anchor=

このページ