画像サービングのHTTPエンコーディング

コマンド値は、値文字列に予約文字「=」、「&」、「%」が含まれないように、%xxエスケープシーケンスを使用してHTTPエンコードする必要があります。

それ以外の場合は、標準のHTTPエンコーディングルールが適用されます。 HTTPの仕様には、安全でない文字と、<return><tab>などの制御文字のエンコードが必要です。 文字のURLエンコードは、「%」記号に続き、その文字のISO-Latinコードポイントの2桁の16進表現(大文字と小文字を区別しない)が続きます。 安全でない文字とコードポイントは次のとおりです。

安全でない文字 コードポイント(16進) コードポイント(12月)

空白文字

20

32

<>

3C

60

>

3E

62

"

22

34

#

23

35

%

25

37

&lbrace;

7B

123

&rbrace;

7D

125

|

7C

124

\

5C

92

^

5E

94

7E

126

&lbrack;

5B

91

&rbrack;

5D

93

&grave;

60

96

予約文字もエンコードする必要があります。

予約文字 コードポイント(16進) コードポイント(12月)

$

24

36

&

26

38

+

2B

43

,

2C

44

/

2F

47

3A

58

;

3B

59

=

3D

61

?

3F

63

@

40

64

…&$text=rate&weight=85% 27#&…

難読化を適用しない場合、上記のリクエストフラグメントを次のようにエンコードする必要があります。

…&$text=rate%26weight%3D85%25%2027%23&…

難読化を適用する場合、エンコーディングは「=」、「&」および「%」文字の削除に制限できます。

…&$text=rate%26weight%3D85%25 27#&…

関連項目

要求の難読化HTTP/1.1仕様(RFC 2616)

このページ