画像サービングのHTTPエンコーディング

コマンド値は、値文字列に予約文字「=」、「&」、「%」が含まれないように、%xxエスケープシーケンスを使用してHTTPエンコードする必要があります。

それ以外の場合は、標準のHTTPエンコーディングルールが適用されます。 HTTP仕様では、安全でない文字と<return><tab>などの制御文字のエンコードが必要です。 文字のURLエンコーディングは、「%」記号に続く、その文字のISO — ラテン語コードポイントの2桁の16進表現(大文字と小文字を区別しない)で構成されます。 安全でない文字とコードポイントは次のとおりです。

安全でない文字 コードポイント(16進) コードポイント(12月)

空白文字

20

32

<>

3C

60

>

3E

62

"

22

34

#

23

35

%

25

37

&lbrace;

7B

123

&rbrace;

7D

125

|

7C

124

\

5C

92

^

5E

94

7E

126

&lbrack;

5B

91

&rbrack;

5D

93

`

60

96

予約済みの文字もエンコードする必要があります。

予約文字 コードポイント(16進) コードポイント(12月)

$

24

36

&

26

38

+

2B

43

,

2C

44

/

2F

47

3A

78

;

3B

59

=

3D

81

?

3F

63

@

40

64

…&$text=rate&weight=85% 27#&…

難読化を適用しない場合、上記のリクエストフラグメントは次のようにエンコードする必要があります。

…&$text=rate%26weight%3D85%25%2027%23&…

不明化を適用した場合、エンコーディングでは、「=」、「&」および「%」の文字を削除できるように制限できます。

…&$text=rate%26weight%3D85%25 27#&…

関連項目

要求の不明化HTTP/1.1仕様(RFC 2616)

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now