画像サービングHTTPプロトコル基本構文

HTTPプロトコルの基本構文は次のとおりです。

リクエスト

http:// server/is/image[/ object][? modifiers]

server

server_address[: port]

object

ソースオブジェクト指定子(画像パスまたは画像カタログエントリ)

modifiers

modifier*[& modifier]

modifier

command|{$ macro$}|{. comment}

command

{ cmdName|{$ var}[= value]

macro

コマンドマクロの名前。

コメント

コメント文字列(サーバーでは無視されます)。

cmdName

サポートされているコマンド名または属性名の1つ。

var

カスタム変数の名前。

value

コマンドまたは変数の値。

server_address、、 cmdNamemacro​およびは大文字と小文字が区別されま var せん。サーバーは、大文字と小文字を区別し、他の文字列値もすべて保持します。

value はコマンド固有で、1つ以上の値をコンマで区切って構成できます。詳しくは、個々のコマンドの説明を参照してください。

サーバー識別子

/is/imageルートコンテキストは、画像サービングへのすべてのHTTP要求に必要です。

HTTPデコード

画像サービングは、最初に、受信要求から​object​と​modifiers​を抽出します。 object は、個別にHTTPデコードされるパス要素に分割されます。modifiers​文字列は​command= value​ペアに区切られ、value​はコマンド固有の処理の前にHTTPデコードされます。

メモ

ドキュメントに特に記載がない限り、安全でないすべての文字は、HTTP標準に従ってエンコードする必要があります。 詳しくは、HTTPの仕様を参照してください。

コメント

コメントはリクエスト文字列のどこにでも埋め込むことができ、ピリオド(.)で識別します。 コマンドseparator(&)の直後にあります。 コメントは、(エンコードされていない)コマンドの区切り文字が次に出現するたびに終了します。 この機能を使用して、タイムスタンプやデータベースIDなど、画像サービングで使用されない情報を要求に追加できます。

関連項目

データ型HTTP/1.1仕様

このページ