画層タイプ

4種類のレイヤーがサポートされています。

画像レイヤー

イメージレイヤーにはsrc=コマンドが必要です。このコマンドは、レイヤーとして使用するイメージを指定します。 mask=を使用して別の画像を指定してレイヤーマスクとして使用するか、画像に既にアルファチャネルが含まれている場合があります。 画像レイヤーのサイズは常に画像から得られますが、size=コマンドを使用して大きさに合わせて調整されることがよくあります。 クリップパスは、clipPath=を使用して適用できます。

テキストレイヤー

リッチテキスト形式(RTF)のテキストフラグメントの形式でテキストコンテンツを提供するtext=またはtextPs=コマンドが必要です。 テキストレイヤーは、コンテンツのサイズ調整を自動的に行うことも、明示的なサイズを指定することもできます(例えば、テキストを特定の幅に折り返す場合や、テキストを特定の領域内に制限する必要がある場合)。 textPs= で定義された任意のシェイプにテキストを流し込んだり、で定義された任意のパスにテキスト textFlowPath= を流し込んだりす textPath=るサポート。textPs= また、テキストボックスへのテキストのレンダリングや、任意の角度( textAngle=)での指定した図形のレンダリングもサポートします。

べた塗りのレイヤー

べた塗りレイヤーは、テンプレートのレイヤー0によく使用されるので、合成画像のサイズが固定され、画像の内容とは無関係になります。 べた塗りレイヤーにはcolor=属性とsize=またはmask=が必要で、外観を変更する他のほとんどのコマンドと属性をサポートしています。 べた塗りレイヤーには、clipPath=を使用して任意の形状を指定できます。

効果レイヤー

ドロップシャドウや光彩効果などのPhotoshopスタイルのレイヤー効果は、ISが、画像、テキスト、およびべた塗りのレイヤーにアタッチできる特殊なサブレイヤーを使用して実装します。 これらのエフェクトレイヤーは、親レイヤーのマスクと位置を継承し、機能が制限されます。

このページ