レイヤータイプ

最終更新日: 2023-11-03
  • 作成対象:
  • Developer
    User

4 種類のレイヤーがサポートされています。

画像レイヤー

画像レイヤーには src= コマンドを使用して、レイヤーとして使用するイメージを指定します。 別の画像を mask= をレイヤーマスクとして使用するか、画像に既にアルファチャンネルが含まれている場合があります。 画像レイヤーのサイズは常に画像から派生しますが、多くの場合、画像は size= コマンドを使用します。 クリップパスは、 clipPath=.

テキストレイヤー

次が必要: text= または textPs= コマンドを使用して、リッチテキスト形式 (RTF) のテキストフラグメントの形式でテキストコンテンツを提供します。 テキストレイヤーには、内容に合わせた自己サイズ変更や、明示的なサイズ指定が可能です。 例えば、テキストを特定の幅にラップする場合や、テキストを特定の領域内に拘束する必要がある場合などです。 textPs= ~で定義された任意の形へのテキストの流れを支える textFlowPath= を使用し、 textPath=. textPs= また、は、任意の角度 ( textAngle=) をクリックします。

べた塗りのレイヤー

多くの場合、テンプレートのレイヤー 0 にはソリッドカラーレイヤーが使用され、合成画像のサイズが固定され、画像の内容に関係なく独立します。 べた塗りのレイヤーには color= 属性、または size= または mask=、およびは、他のほとんどのコマンドと属性をサポートし、外観を変更します。 べた塗りレイヤーは、 clipPath=.

エフェクトレイヤー

ドロップシャドウやグロー効果などのPhotoshopスタイルのレイヤー効果は、IS では、画像、テキスト、べた塗りのレイヤーにアタッチできる特殊なサブレイヤーを使用して実装されます。 これらのエフェクトレイヤーは、親レイヤーのマスクと位置を継承し、機能に制限があります。

このページ