レイヤー操作

レイヤ0に対するサイズ(size=)と位置(pos=)のレイヤの設定に加え、layer=コマンドで合成順序(z順序)を指定する以外に、レイヤを回転(rotate=)したり反転(flip=)したりできます。

origin=属性とanchor=属性を使用して、テンプレートで画像やテキストが動的に変更された場合に、レイヤー間での適切な配置を維持できます。

maskUse=コマンドは、別々のマスクを持つ画像の背景領域に、画像レイヤーがアクセスする場合に使用できます。

opac= を使用して、レイヤーの不透明度を変更したり、レイヤーの表 hide= 示/非表示を切り替えたりできます。

このページ