サムネールの表示変換

req=tmb要求に応じてクライアントに返される画像は、次の値を考慮して、複合画像から得られます。wid=、hei=、attribute::DefaultThumbPix、およびattribute::MaxPix。

  1. 表示rect -表示rectの幅に対し wid= て使用または幅 attribute::DefaultThumbPix の値を使用します。高さにはhei=またはattribute::DefaultThumbPixの高さの値を使用します。 この手順では、表示rectを完全に指定する必要があります。 (レイヤー0に対してsize=を指定しない場合、表示rectはレイヤー0のrectと同じになります)。
  2. 合成画像の拡大縮小 — この場合 catalog::ThumbType=Crop、合成画像は表示領域全体を埋めつつ、可能な限り小さい画像に拡大縮小されます。余分な画像データが切り抜かれる。catalog::ThumbType= Fitの場合、合成画像は可能な限り大きい表示に合わせて拡大縮小され、合成画像全体は画像rectに合わせて調整されます。 catalog::ThumbType=Textureの場合、catalog::ThumbResで指定された解像度を維持するために、合成画像は全く拡大縮小されません。
  3. 塗りと切り抜き -表示rectは、 bgc= 色で塗りつぶされます(指定しない場合は、 attribute::ThumbBkgColor色)。拡大縮小された合成画像は、次の属性を使用して、表示rectと整列します。ThumbHorizAlignと属性:ThumbVertAlign. 次に、拡大/縮小された合成画像を、それ以上拡大/縮小することなく、塗りつぶされた表示rectと結合します。 合成画像の表示範囲を超える領域は、すべて切り抜かれます。

このページ