画像の表示変換

req=img要求に応じてクライアントに返される画像は、次の値を考慮して、複合画像から得られます。wid=hei=fit=scl=rgn=attribute::DefaultPixattribute::MaxPix、合成画像のサイズ。

wid=hei=を指定し、scl=を指定しない場合、wid=hei=で定義される表示レクト内に収まるように、合成画像は拡大縮小されます。 表示rectの縦横比が合成画像の縦横比と異なる場合は、align=値を使用して、拡大/縮小された合成画像を表示rect内で揃えます(指定した場合)。それ以外の場合は中央揃えにします。 画像データで覆われていないスペースは、bgc=またはattribute::BkgColorで埋められます。

scl=を指定した場合、合成画像はその倍率で拡大・縮小されます。 wid=hei=も指定した場合は、必要に応じて、拡大・縮小された画像がwid=hei=に切り抜かれるか、または空白が追加されます。 align= は、画像を切り抜く場所または余分なスペースを追加する場所を指定し、余分なスペースは bgc= またはで埋めま attribute::BkgColorす。

wid=hei=scl=のいずれも指定されていない場合で、合成画像の幅または高さがattribute::DefaultPixを超える場合は、合成画像はattribute::DefaultPixを超えないように拡大縮小されます。 それ以外の場合は、合成画像は拡大・縮小せずに使用されます。

表示画像をそれ以上拡大・縮小せずに返すには、scl=1を指定します。

rgn=を指定した場合、返信画像はそれに応じて切り抜かれ、最終的な返信画像のサイズに到達します。 このサイズはattribute::MaxPixと比較され(定義されている場合)、返信画像のサイズがどちらのサイズよりも大きい場合はエラーが生成されます。

fmt=でアルファなしのデータを指定した場合、返信画像の透明部分はすべてbgc=またはattribute::BkgColorで塗りつぶされます。

このページ