レイヤ変換

変換は、ソース画像とテキストレイヤーに適用されます。

レイヤー0との間で目的の空間関係を実現するために、ソース画像に対して指定された順序で次の操作が適用されます。

  1. crop=を適用します(指定した場合)。
  2. size=またはsize=に基づくスケール、scale=に基づくスケール、scale=に基づくスケール、res=に基づくスケール、またはres=に基づくスケールを指定しない場合は最大解像度のソース画像を使用します。
  3. flip=を適用します(指定した場合)。
  4. rotate=を適用します(指定した場合)。
  5. extend=を適用します(指定した場合)。
  6. origin=pos=に基づいて、カンバスにレイヤーを配置します(以下を参照)。

次の変換は、テキストレイヤーに適用されます。

  1. テキストボックスのサイズはsize=、またはsize=が部分的にしかないか、まったく指定されていない場合は、テキストの幅と高さによって決まります。 テキストの行揃え属性を使用して、テキストボックス内でテキストの行揃えを行います。 テキストは、テキストボックスによってトリミングされる場合があります。
  2. textAttr=で指定された解像度に基づいて、テキストコンテンツを拡大・縮小します。
  3. rotate=を適用します(指定した場合)。
  4. extend=を適用します(指定した場合)。
  5. origin=pos=に基づいて、カンバスにレイヤーを配置します(下記を参照)。

画像レイヤーとテキストレイヤーの両方について、レイヤー0が効果的にカンバスを構成するので、最後にレイヤーをカンバスに配置した場合は、レイヤー0には適用されません。

このページ