レイヤー変換

変換は、ソース画像とテキストレイヤーに適用されます。

レイヤー0との空間関係を希望するように、以下の操作を指定された順序でソース画像に適用します。

  1. crop=を指定した場合は、適用します。
  2. size=に基づく拡大/縮小、size=が指定されていない場合、scale=に基づく拡大/縮小、res=に基づくscale=が指定されていない場合、またはres=が指定されていない場合、最大解像度のソース画像を使用します。
  3. flip=を指定した場合は、適用します。
  4. rotate=を指定した場合は、適用します。
  5. extend=を指定した場合は、適用します。
  6. origin=pos=を基にして、キャンバスにレイヤーを配置します(以下を参照)。

次の変換は、テキストレイヤーに適用されます。

  1. テキストボックスのサイズはsize=、またはsize=が部分的にのみ、またはまったく指定されていない場合は、テキストの幅と高さで決まります。 テキストは、rtfテキスト整列属性を使用してテキストボックス内で整列されます。 テキストは、テキストボックスで切り抜くことができます。
  2. textAttr=で指定された解像度に基づいて、テキストコンテンツを拡大・縮小します。
  3. rotate=を指定した場合は、適用します。
  4. extend=を指定した場合は、適用します。
  5. origin=pos=を基にして、キャンバスにレイヤーを配置します(以下を参照)。

画像レイヤーとテキストレイヤーの両方で、レイヤー0が効果的にキャンバスを構成するので、カンバス内の最後のステップの位置はレイヤー0には適用されません。

このページ