XMLプロパティ

応答形式としてxmlを指定した場合、応答データはXMLドキュメントとして形式設定され、標準のXMLパーサーで解析できます。

一般的なプロパティ応答ドキュメントの構造は次のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<prop-group>
   <prop-group name="
<varname>
  objectName
</varname>">
       <property name="
<varname>
  propertyName
</varname>" value="
<varname>
  propertyValue
</varname>" />
       ...
    </prop-group>
 ...
</prop-group>

<prop-group>要素は、最も外側のコンテナとして、また、プロパティのグループ化に使用されます。 グループに名前を付けた場合、名前はJava/JavaScriptのオブジェクト名に対応します。

メモ

一部のreq=型に対して文字エンコーディングを指定できます。 詳しくは、特定のreq=コマンドの説明を参照してください。

このページ