XMLプロパティ

応答形式としてxmlを指定した場合、応答データはXMLドキュメントとして形式設定され、標準のXMLパーサーで解析できます。

一般的なプロパティ応答ドキュメントの構造は次のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<prop-group>
   <prop-group name="
<varname>
  objectName
</varname>">
       <property name="
<varname>
  propertyName
</varname>" value="
<varname>
  propertyValue
</varname>" />
       ...
    </prop-group>
 ...
</prop-group>

<prop-group>要素は、最も外側のコンテナとして、また、プロパティのグループ化に使用されます。 グループに名前を付けた場合、名前はJava/JavaScriptのオブジェクト名に対応します。

メモ

一部のreq=型に対して文字エンコーディングを指定できます。 詳しくは、特定のreq=コマンドの説明を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now