JSONPプロパティ

応答形式としてjsonpを指定した場合、応答データはJSONP(パディング付きのJavaScriptオブジェクト表記)を使用して形式設定され、JavaScript関数の呼び出しでラップされます。

クライアントは、オプションで一意の要求識別子(reqId)を指定できます。これは応答で返され、クライアントは非同期に受信した複数の応答を区別できます。 一般的な応答の一般的な構造は次のとおりです。

/*jsonp*/s7jsonResponse({ 
   " 
<varname>
  objectName 
</varname>. 
<varname>
  propertyName 
</varname>" : " 
<varname>
  propertyValue 
</varname>", 
   ... 
 }, " 
<varname>
  reqId 
</varname>" );

s7jsonResponse JavaScript関数は、クライアントが定義する必要があります。 最も単純な形式では、関数は次のようになります。

var responseData; 
S7jsonResponse(data, reqId) 
{ 
 responseData = eval(data); 
}

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

Dynamic Media画像サービングビューアパッケージには、画像サービングからJSONP形式のデータを要求し、解析するユーティリティが含まれています。

JSONP形式について詳しくは、http://en.wikipedia.org/wiki/JSONPを参照してください。

JSON形式について詳しくは、www.json.orgを参照してください。

reqも参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now