JSONPプロパティ

応答形式としてjsonpを指定した場合、応答データはJSONP(JavaScript Object Notation with Padding)を使用して形式設定され、JavaScript関数呼び出しでラップされます。

クライアントは、オプションで一意の要求識別子(reqId)を指定できます。この識別子は応答で返され、クライアントは非同期で受信した複数の応答を区別できます。 一般的な応答の一般的な構造は次のとおりです。

/*jsonp*/s7jsonResponse({ 
   " 
<varname>
  objectName 
</varname>. 
<varname>
  propertyName 
</varname>" : " 
<varname>
  propertyValue 
</varname>", 
   ... 
 }, " 
<varname>
  reqId 
</varname>" );

s7jsonResponse JavaScript関数は、クライアントによって定義される必要があります。 最も簡単な形式では、関数は次のようになります。

var responseData; 
S7jsonResponse(data, reqId) 
{ 
 responseData = eval(data); 
}

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、 req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

Dynamic Media Image Serving Viewersパッケージには、画像サービングからJSONP形式のデータを要求して解析するユーティリティが含まれています。

JSONP形式について詳しくは、 https://en.wikipedia.org/wiki/JSONPを参照してください。

JSON形式について詳しくは、 www.json.orgを参照してください。

reqも参照してください。

このページ