JavaScript™プロパティ

応答形式としてJavaScript™を指定した場合、応答データはJavaScript™インクルードファイルとして解析されるように形式設定されます。

一般的なJavaScript™プロパティの応答は、次の一般的な構造を持ちます。

           
<varname> 
 objectName.propertyName 
</varname>=' 
<varname>
  propertyValue 
</varname>' 
...

propertyValue は空にできます。各行の先頭と末尾、および=区切り文字の前後の空白は省略可能です。 すべての値は一重引用符で囲まれます。 文字列内の一重引用符は、2つの連続した一重引用符でエスケープされます。

JavaScript™のプロパティ応答を解析するには、応答で参照されるオブジェクトまたはオブジェクトを作成してから、プロパティファイルを読み込む必要があります。 以下は、req=propsを使用してJavaScript™の応答画像サイズを取得する例です。

<script> image = new Object; </script> 
<script 
src='http://myServer/is/image/myImage?req=props,javascript'> 
<script> alert("Size: " + image.width + " , " + 
image.height); </script>

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now