coordN

正規化座標。 画像内の相対位置(画像オフセットや切り抜きパラメータなど)を、画像のサイズに合わせて正規化するために使用します。

coordN

nx ny

nx ny

画像のサイズに正規化された座標オフセット(実数、実数)

正の値は右下に移動します。

多くの場合、参照位置が画像の中心になります。 この場合、0,0は画像の中心、-0.5、-0.5は左上隅、0.5,0.5は右下隅に対応します。

また、レイヤー0のサイズを基準にして、画像サイズまたは長方形サイズを指定する場合にも使用します。 この場合、値は0より大きい値にする必要があります。 0は、特定のデフォルト値を使用する必要があることを示します。 1,1はレイヤ0と等しいサイズを指定します。

このページ