xmp

XMPメタデータ。 リクエストパスで指定された画像に関連付けられたXMPメタデータを返します。

req=xmp

その他のコマンドは無視されます。 UTF-8エンコーディングが適用されます。 応答は、MIMEタイプtext/xmlのXML形式です。

HTTP応答は、catalog::Expirationに基づいてTTLでキャッシュ可能です。

プロパティ

リクエスト属性。 現在の画層設定に関係なく適用されます。

初期設定

URLに画像パスや修飾子が含まれていない場合:

#S7Z OK 
#Mon Jul 25 17:28:32 PDT 2014 
copyright=Copyright (c) 1995-2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

それ以外の場合は、req=img

クエリ画像ファイルのプロパティ。

http:// *server*/myPath/myImage.tif?req=imageprops

クエリ画像カタログのプロパティ:

http:// *server*/myRootId?req=catalogprops

HTMLファイルに埋め込まれたクライアント側JavaScriptから、画像カタログエントリのプロパティにアクセスします。

<script language="JavaScript"> 
     //req=imageprops populates this object with properties: 
     var image = new Object; 
</script> 
<script src="http://server/myRootId/myImageId?req=imageprops,javascript"></script> 
<script> 
     alert("Image Size: " + image.width + " x " + image.height); 
</script>

特定のカタログエントリのマスク画像を取得し、元のサイズの25%に拡大/縮小します。

http:// *server*/myRootId/myImageId?req=mask&scale=0.25

8分の1のサイズの画像をリクエストします。

http:// *server*/myRootId/myImageId?scl=8

これは、次と同じです。

http:// *server*/myRootId/myImageId?req=img&scl=8

画像のサムネールを要求します。画像カタログで指定されたサムネール属性に基づきます。

http:// *server*/myRootId/myImageId?req=tmb&wid=64&hei=64

サーバーログにテキストメッセージを送信します。

http:// *server*/myRootId?req=message&message=This%20is%20the%20message

関連項目

fmt=catalog::Targetscatalog::UserDataサムネールの拡大/縮小プロパティ画像マップ

このページ