xlate

ロケール固有の使用可能なバージョン。 要求パスで指定されたカタログIDの、使用可能なロケール固有のバージョンのリストを返します。

req=xlate[,text|javascript|xml|{json[&id= *reqId*]}]

reqId

一意の要求識別子。

オブジェクトIDの変換を参照してください。

例:

xlate.translatedIds=image,image_fr,image_de

HTTP応答は、catalog::Expirationに基づいてTTLでキャッシュ可能です。

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler ]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now