userdata

画像カタログのユーザデータ。 URLパスで指定された画像カタログエントリのユーザデータを返します。

req=userdata[,text|{xml[, *エンコード*]}|json]

エンコード

UTF-8 | UTF-16 | UTF-16LE | UTF-16BE | ISO-8859-1

catalog::UserDataの内容が返されます。 'text'形式を指定すると、catalog::UserData内の??のすべてのインスタンスが行終端子に置き換えられ、末尾に1つの行終端子(CR/LF)が追加されます。 URLパスが有効なカタログエントリに解決されない場合、応答には1つの行終端子のみが含まれます。 「xml」または「json」形式が要求された場合、適切な形式設定が適用されます。

要求文字列内の他のコマンドは無視されます。

HTTP応答は、catalog::Expirationに基づいてTTLでキャッシュ可能です。

メモ

userdataプロパティのキー名にコロンは使用できません。

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler ]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free