prop

応答データのプロパティ。 現在の要求をイメージ要求(req=img)であるかのように評価しますが、イメージを返す代わりに、サーバーは、返信イメージの選択されたプロパティを返します。

req=props[,text|javascript|xml|{json[&id= *reqId*}]

reqId

一意の要求識別子。

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler ]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

応答の構文と応答のMIMEタイプについては、プロパティを参照してください。 HTTP応答は、attribute::NonImgExpirationに基づいてTTLでキャッシュ可能です。

/is/image要求に対して次のプロパティが返されます。

プロパティ 種類 説明

image.bgc

hex

背景色( bgc= を参照)

image.height

整数

返信画像の高さ(ピクセル単位)

image.iccEmbed

ブール

ICCプロファイルが返信画像に埋め込まれている場合はtrue。 ( IccEmbed= を参照)。

image.iccProfile

文字列

返信画像に関連付けられているプロファイルの名前/説明。

image.length

整数

HTTPヘッダーを含まないピクセル単位の応答サイズ。0は、応答画像データがサーバーによって以前にキャッシュされていない場合に発生します。 ( req=loadcache を参照)。

image.mask

列挙

返信画像にアルファチャネルが含まれる場合は1、それ以外の場合は0。

image.pixType

文字列

返信画像の種類( CMYK RGB または BW )(グレースケール画像の場合)。

image.pathEmbed

ブール

応答画像にパスが埋め込まれている場合は1、それ以外の場合は0。 ( pathEmbed= を参照)。

image.printRes

真の

印刷解像度(dpi)

image.quality

整数

JPEG画質 ( qlt= を参照)。

image.type

文字列

返信画像のMIMEタイプ。 ( fmt= を参照)。

image.width

整数

返信画像の幅(ピクセル単位)

image.xmpEmbed

ブール

応答画像がxmpデータを埋め込む場合は1、それ以外の場合は0。 ( xmpEmbed= を参照)。

image.version

文字列

画像のバージョン識別子。 ( id= を参照)。

metadata.version

文字列

メタデータのバージョン識別子。 ( id= を参照)。

/is/content要求に対して次のプロパティが返されます。

プロパティ 種類 説明

パス

文字列

部分的に解決されたファイルのパス。 (「 static::Path 」を参照)。

length

int

オブジェクトファイルのサイズ(バイト)

有効期限

二重

static::Expiration またはデフォルトの有効期間

lastModified

文字列

変更日時( static::TimeStamp またはオブジェクトファイルから)

userType

文字列

static::UserType

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free