imageprops

ソース画像のプロパティ。 URLパスで指定された画像ファイルまたはカタログエントリの選択されたプロパティを返します。

req=imageprops[,text|javascript|xml|{json[&id= *reqId*]}]

reqId

一意のリクエスト識別子。

HTTP応答は、attribute::NonImgExpirationに基づいてTTLでキャッシュ可能です。

リクエスト文字列内の他のコマンドは無視されます。

JSONP応答形式をサポートするリクエストでは、 req=パラメーターの拡張構文を使用して、JSコールバックハンドラーの名前を指定できます。

req=...,json [&handler = reqHandler ]

<reqHandler> は、JSONP応答に存在するJSハンドラーの名前です。a ~ z、A ~ Zおよび0 ~ 9文字のみ使用できます。 (オプション)初期設定は s7jsonResponse.

次のプロパティが返されます。

プロパティ 種類 説明

image.anchor

int,int

catalog:: デフォルトのアンカーポイントをアンカーします。

image.expiration

二重

catalog:: 有効期限またはデフォルトの有効期間

image.height

整数

最大解像度の画像の高さ(ピクセル単位)

image.iccProfile

文字列

この画像に関連付けられているプロファイルの名前/説明

イメージ. embeddedIccProfile

ブール

関連付けられたプロファイルが画像に埋め込まれている場合は1

image.embedded PhotoshopPaths

ブール

画像にPhotoshopパスデータが含まれる場合は1

イメージ. embeddedXmpData

ブール

画像にXMPデータが含まれる場合は1

image.mask

enum

マスクなしの場合は0、プリマルチプライアルファの場合は1、プリマルチプライアルファの場合は2、個別のマスクイメージの場合は3

image.modifier

文字列

catalog:: カタログエントリでない場合は空の値を変更

イメージ. photoshopPathNames

文字列

この画像に関連付けられているすべてのPhotoshopパスの名前のコンマ区切りリスト

image.pixType

文字列

画像タイプ。「CMYK」、「RGB」または「BW」(グレースケール画像の場合)

image.postModifier

文字列

attribute:: カタログエントリでない場合はPostModifieror empty

image.printRes

真の

デフォルトの印刷解像度(ピクセル/インチ)

image.resolution

真の

catalog:: Resolutionまたはデフォルトのオブジェクト解像度

image.timeStamp

文字列

変更日時( catalog::TimeStampまたは画像ファイルから)

image.thumbRes

真の

catalog:: ThumbResor初期設定のサムネール解像度

image.thumbType

enum

catalog:: ThumbTypeまたは初期設定のサムネールの種類

image.width

整数

最大解像度の画像の幅(ピクセル単位)

image.translatedId

文字列

パスで指定されたオブジェクトの解決先となるカタログID(オブジェクトIDの変換を参照)。

このページ