テンプレート

合成テンプレート メインカタログ以外のカタログにある合成テンプレートを指定できます。

template= *テンプレート*

オブジェクト

テンプレート.

template は、テンプレート本体がに含まれる画像カタログエントリである必要があり catalog::Modifierます。

template=が存在する場合、要求パスで指定されたオブジェクトはレイヤー0のソースとして適用されませんが、事前定義されたパス変数$object$src=値として使用して、テンプレート内のどこでもsrc=またはmask=として参照できます。 catalog::Modifier の値は、常に適用されるのに対し、要求パスで指定されたオブジェクトは、テンプレート $object$ 内での置き換えに関連し catalog::PostModifier てのみ適用されます。

レイヤー0は、テンプレート本体で定義され、画像、べた塗り、テキスト、入れ子または埋め込みの要求レイヤーのいずれかになります。

catalog:PostModifier の値 object は、で使用 object する場合は無視され template=ます。

初期設定

なし

プロパティ

要求属性。 現在のレイヤー設定に関係なく適用されます。

テンプレートの例を参照してください。

関連項目

オブジェクト, テンプレート, 定義済みのパス変数

このページ